ニュース

2016.05.23
ホームタウン

パーサくんが京丹波町「田んぼアート」のお手伝いに行ってきました

5月22日(日)、パーサくんが「京丹波町白土村つくり会」様主催の“田んぼアート”(※)のお手伝いに行ってきました。

京丹波町白土村つくり会様によるサンガをテーマにした田んぼアートは今年で4年目になり、毎年サンガへの熱い思いを稲苗に込めて応援してくださっています。

これまで、コトノちゃん、パーサくん、大黒選手を描いていただき、今年は再びコトノちゃんに挑戦されました。

さらに今年は、地域外のサンガファンとも交流したいという白土村の皆様が田植えの参加者を募集されたところ、京都市や向日市などから家族連れ約40人の方々が集まってくださいました。


“今回の絵柄はこちら。田植えが初めての方も、みんなで頑張りましょう!”


“ちびっ子たちの作業を見守るパーサくん。”


“参加者の皆さんで記念撮影。どんなふうにできあがるか、秋の稲刈りが楽しみですね。”

京都サンガF.C.は、これからも地域密着活動を積極的に行ってまいります。今回いただいた皆様の思いを胸に、クラブ一丸となって頑張ってまいりますので、これからも応援よろしくお願いいたします。

※田んぼアート…色彩が異なる稲を使って田んぼに絵柄を描くこと。

この記事をシェアする