ニュース

2015.07.29
ホームタウン

【新加入】フェホ選手「サンガの力になりたい!」

本日新加入が発表されたFWフェホ選手は7/27(月)夜、関西国際空港着の航空機で来日し、本日(7/29)より早速チームに合流しました。

フェホ選手はブラジル(サンパウロ州)出身のセンターフォワードタイプのストライカー。197㎝の長身から繰り出されるパワフルなプレーが持ち味で2013年にはJリーグのコンサドーレ札幌、今シーズンは6月まで中国のプロチームでプレーしていました。

全体練習前に行われたミーティングでチームメイトへ自身のプレーの特徴をふまえた挨拶を済ませると、その後はボール回しやフィジカルメニューなど、約1時間にわたり、初日から精力的に汗を流しました。



ゲーム形式のメニューに移ると、ジャイルコーチ兼通訳とともに、別メニューでグラウンドの周りをジョグしていましたが、その最中もゲームの様子を鋭い眼光で見つめていました。また、合流初日にも関わらず、これまでの豊富な海外でのプレー経験を活かし、チームメイトと笑顔でコミュニケーションをはかり、チームに溶け込もうとする姿が印象的でした。
※ちなみにバヤリッツァ選手とは英語でコミュニケーションをとっていましたよ。

初日の練習を終えたフェホ選手のコメントです。

Q.合流初日の練習を終えて?


「ブラジルの気候とは違いますし、湿度がすごいですね。(気候には)徐々に慣れてくるとは思いますけど、まだ2日前に日本に着いたばかりで正直時差ボケはあります。今日のトレーニングは80%くらいのコンディションだったと思います。」



Q.自身のストロングポイントは?


「第一に空中戦には自信がありますし、スペースにボールが出た時のスピード、前線で起点になるプレーをぜひ見てもらいたいです。」



Q.今後への抱負をお願いします。


「サンガの今の状況は把握しているつもりですし、これは自分自身にとっても新しいチャレンジであり、チャンスだと思い決断しました。選手たちのクオリティは非常に高いと思いますし、これから先はよりチームが一丸となって闘うことが重要だと思います。とにかく今はチームの勝利が一番、サンガの力になりたいという気持ちだけですね。」

フェホ選手の好きな言葉はポルトガル語で “SUPERACAO”。

日本語で “危機を克服する” “乗り越える”といった意味を持ちます。

「とてもスピーディー」と語る日本のサッカー、そしてサンガのサッカーに早くフィットし、西京極で活躍するフェホ選手の姿が今から楽しみです!

ぜひフェホ選手へ温かいご声援を宜しくお願いいたします。

この記事をシェアする