ニュース

2011.06.30
ホームタウン

負けられない相手

ゴールデンウィーク、皆さん、いかがお過ごしですか?

J2第11節は明日5月8日に開催されますが、各チームとも連戦&中3日での厳しい条件の中、戦いに挑みます。

サンガはアウェイの地で徳島ヴォルティスと対戦します。

徳島には元サンガの美濃部直彦監督を筆頭に上野選手、倉貫選手、徳重選手、平島選手、六車選手などサンガサポーターの皆さんにとってもなじみの深い選手たちがズラリ!

それだけに負けられない思いは選手たちからもヒシヒシと伝わってきます。



安藤淳選手
「(徳島には)知っている選手も多く、美濃部さんとも一緒にやらせてもらいましたけど、対戦に特別な思いはないですし、鳥栖戦に臨む気持ちと変わりません。ただ、あの頃(指導を受けた07年)から成長した姿を見せたいですし、ゲーム中は美濃部さんにとってイヤな存在になれるように頑張りたいです。個人的にはカズキさん(徳島・倉貫一毅選手/セゾン、静岡学園高の先輩、サンガでも07年、08年にチームメイト)との対戦も楽しみです。小さいときから憧れていた選手ですし、お互いにどういう選手か分かりあっていると思うので、マッチアップする場面があれば思い切ってやりたい。とにかく優勝するためにはアウェイでも勝ち癖をつけて連勝していく必要がある。そのためには点をとらないといけないし、シュートへの意識を高めてプレーしたいと思います」

オフィシャル携帯サイトでは安藤選手の他にも大木監督や加藤弘堅選手などの試合直前コメントをご覧いただけます。また明日は徳島戦の試合速報も行います。携帯サイトへのご入会について詳しくはこちらをご覧下さい。

アウェイ初勝利へ、全員の力で勝ち点3をもぎとりましょう!

この記事をシェアする