ニュース

2011.06.30
ホームタウン

京都サンガF.C.健康アカデミー

京都サンガF.C.では、運動を通じて健康であることの楽しさ、素晴らしさを実感するとともに、生涯健康にすごせる社会づくりを推進するため、2007年度から、主に高齢者の方を対象に、Jリーグが取り組む介護予防事業の一環として、健康体操教室「京都サンガF.C.健康アカデミー」を開催しております。

3月4日(金)には、京都市様・山科及び醍醐地域包括支援センター様・健康体力づくりの会様のご協力のもと、京都市山科地域体育館で開催し、100名の参加がありました。

また、3月22日(火)には、井手町様・井手町地域包括支援センター様及び健康体力づくりの会様のご協力のもと、井手町の山城勤労者福祉会館で開催し、60名の参加がありました。
まず、参加者のみなさまには、「体重体組成計 カラダスキャンHBF-362」(提供:オムロンヘルスケア株式会社様)で身体年齢などの健康チェックをしていただきました。



続いて、サンガアカデミーセンター成山コーチが、サッカーボールを使ったストレッチやゲームの要素を取り入れた運動などを行い、参加者の皆さんは慣れないボールの扱いに悪戦苦闘しながらも、会場には大きな歓声と笑い声が溢れていました。





後半は、健康体力づくりの会の先生による転倒予防の講話とラインダンス体操が行われ、ここでも終始大きな笑い声が体育館中に響いていました。






ご参加いただきました皆さま、協力団体関係者の皆さま、どうもありがとうございました。

この記事をシェアする