試合情報

HOME
京都サンガF.C.
京都
明治安田生命J2リーグ第6節
44日(日) 14:03
サンガスタジアム by KYOCERA
試合終了
2
1 前半 0
1 後半 1
1
  • 33'
    松田 天馬
  • 68'
    福岡 慎平
  • 90'
    新井 一耀
AWAY
ジェフユナイテッド千葉
千葉

監督コメント

京都サンガF.C.

曺貴裁監督

ホームゲーム3試合目にして初めて勝点3を選手たちが獲得して、ファン・サポーターの皆さまに喜んでいただくことができ、最高の結果となりました。ですが、今日の試合に臨む前にサンガのプレーヤーとして選手それぞれが大事にしなければいけないこと―“形を作っても最後に結実しないと結果には繋がらない”ということです。そのような練習をたくさん重ねてきましたが、特に後半は非常に相手に押され、2-0になった後も自分たちで自分たちを苦しくしてしまうような展開になりました。今季これまでホームで勝てていないことや「勝ちたい」という気持ちが、そういった焦りに繋がっていたと思っています。

ただ、勝てたことで、「自分たちが90分を通してどういうサッカーをしないといけない」ということに立ち返れましたし、逆に負けた試合でも今日以上の内容の試合があったと思います。サッカーというのは不思議なものですが、今日勝てたことをさらに次のエネルギーにしていかなければいけない。ただ、アクシデントがあって本多(勇喜)の代わりに出た麻田(将吾)とか、初めて出た長井(一真)とか、チームのために普段やっていることを出してくれたことはポジティブですし、全員でサンガスタイルをしっかり作っていけるようにしたいです。

我々はボックスに入る回数も相手陣内に入る回数も、リーグの中でも高いチームだとチームに自覚を持たせるために言うと、やはりもう少し堂々とプレーする時間が今日は長くないといけませんでしたが、少し千葉さんの勢いに押されたかなという印象です。でも、この雨の中でたくさんのファン・サポーターの皆さんに来ていただき、かつ勝点3を届けられたことは、チームとして、サンガとして、前に向ける材料だと思っています。これに満足せず、次に向かいたいと思っています。

選手コメント

  • 9 FW
    ピーター ウタカ
    今日、自分たちがやらなければならないこと―“多くのファン・サポーターの皆さんの前で勝点3を取ること”ができました。戦術的な部分を振り返るともう少しできるところはありましたが、勝利への姿勢は十分見せることができたと思います。(今日の2得点はウタカ選手のチェイシングから生まれたものだったが)曺監督からは「前からチェイシングをかける時は、後ろを気にせずにどんどん行けばいい」と指示されていて、今日も積極的にチェイスしたことが功を奏しました。前の試合では自分がボールを持つと「ウタカがシュートするだろう」とただ見ている場面が多かったですが、今日は天馬(松田天馬選手)とシンペイ(福岡慎平選手)が自らゴールを決めようとしっかり上がってきてくれました。だからこそ彼らが決めることができました。2人がゴール前に走り込んだから決まったゴールであり、あのように最後まで走り込めば何かが起こる可能性も高くなります。これまでの試合で欠けていたことが、今日はしっかりできました。ああいうシーンをもっとつくっていきたいです。あと、自分のラストパスはまさに“エンジェルパス”でしたね(笑)。
  • 16 MF
    武田 将平
    (初先発に関して)チームとしてやるべきことは決まっているので、まずはそれをやること、そしてその中で自分の特長を出すことを意識してこの試合に臨みました。 でも、もっとボールに関われば後半のような押し込まれた展開にはならなかったと思いますので、今日の出来としてはまだまだです。2-0になった後、相手のミスパスが自分の前にこぼれてきた時もカウンターで仕留めることができていれば3-0になって、もっと楽な展開になったと思います。まだまだやらなければならないことは多いと感じました。(失点の起点となったフリーキックを与えてしまった場面について)近くにソウタ(川﨑颯太選手)がいたのは見えていませんでした。 相手選手と一対一で対峙したので、右足でコースを消したつもりだったのですが、ファウルになってしまったのはアンラッキーでした。もう少し落ち着いて対応しても良かったと思います。(誕生日に初出場し、今季のホームゲーム勝利に貢献したことについて)今季、少し出遅れましたが、たまたま誕生日に出場機会を与えてもらい、しかもホーム初勝利がかかったサンガスタジアム by KYOCERAでの試合だったので、ここでやるのが男だという気持ちで臨みました。これだけの素晴らしいスタジアムがあるので、ファン・サポーターの皆さんの力を借りながらホームの利を最大限に活かして、これからも勝ち続けたいと思います。
  • 31 MF
    福岡 慎平
    (今季ホーム初勝利・初ゴールについて)素直に嬉しいですし、ホームゲームでチームが勝つことができて自信に繋がりました。(ゴールシーンについて)カウンターという状況でどんどんゴール前に走り込んでいくことはチームとして求められていましたし、ウタさん(ピーター・ウタカ選手)が必ずパスを出してくれると信じました。ほぼウタさんのゴールと言っていいような得点でしたが、決めることができて良かったです。(途中出場で意識したことについて)曺監督から「途中で出た時は点を取ってくれ」と言われていましたし、入った時はちょっとドタバタしていた状態で攻め込まれるシーンも多かったですが、チームがひとつとなって守り切ることができました。(今季、2ケタ得点を目標としているが)まずはチームの勝利に貢献することを第一にやって、ヤングキャプテンとして若手をしっかりまとめ、チームのさらなる成長に繋げていきたいです。今日は本当に勝てて良かったです。次のアウェイゲームもチーム一丸となって戦い、しっかり勝ちたいと思います。

ギャラリー

DAZNでサンガを強くする!