試合情報

HOME
京都サンガF.C.
京都
明治安田生命J2リーグ第9節
82日(日) 18:30
サンガスタジアム by KYOCERA
試合終了
1
0 前半 0
1 後半 0
0
  • 81'
    金久保 順
AWAY
FC町田ゼルビア
町田

監督コメント

京都サンガF.C.

實好礼忠 監督

京都らしい蒸し暑さの中、攻守に最後まで集中してなんとか町田さんの堅い守備をこじ開けられたこと、ホームで勝点3をとれたことがうれしいです。

 

Q.1点をとることの難しさを感じるゲームだった?

A.点をとることは実際にすごく難しくて、僕自身も(現役時代に)1点をとるのに10年かかりましたしね。それぐらい難しいことというのは身に染みて分かっているので、そのへんでは焦ることはなかったです。我慢するところもありましたけど、選手みんながしっかり戦ってくれて1得点だったので、特に悲観していることはないです。

 

Q.ゲーム前に相手選手に新型コロナウイルスの陽性反応が出た状況でのゲームだったが?

A.“with コロナ”というところで、皆さんの協力とか、いろいろな方々が尽力してくださった上で成立したゲームなので、すごく(試合を)やれたことに感謝しています。本当にすごくありがたく思っています。

 

Q.決勝ゴールを沈めた金久保順選手の評価をお願いします。

A.あのゴールは金久保らしいゴールでした。作りのところにも参加しながらいつの間にかゴール前にもいる、それぐらいの運動量があって、攻守にすごく貢献してくれています。あと、普段の練習前の無駄に大きい笑い声でもすごくチームを活気づけてくれています。今後も引き続き、笑い声もそうですし(笑)、プレーでもチームを引っ張っていってもらいたいです。

 

Q.サンガスタジアム by KYOCERAの試合では4連勝となったが?

A.本当に、僕たちのパワースポットという感じです。ここに来たらメラメラというか、フツフツというか、そういう状態にさせてくれるので。選手たちもそういうことを感じながら、パワーにしてくれていると思います。

選手コメント

  • 10 MF
    庄司 悦大
    前半は比較的、簡単にボールを前に運べていてゴールのチャンスも多かったですし、カウンターでも良い形がつくれていて、いつ点が入ってもおかしくない展開だったにもかかわらず、ゴールは生まれませんでした。ああいう展開のうちに点を取れていればもっと楽な試合になっていたと思います。後半、バイス(ヨルディ・バイス)のゴールが取り消されましたが、その後もなんとなく点が入る気がしていましたし、チームにもポジティブな雰囲気がありました。逆にバイスのゴール取り消しがあったからこそ、「次はしっかり決めよう」という雰囲気ができたかもしれません。(前半の自身の惜しいシュートについては)なかなか前に出る機会はありませんが、今日のようにミドルシュートのチャンスがあった時はしっかり決められるよう、これからもしっかり練習していきたいと思います。(金久保順選手について)ジュンさん(金久保順)は攻撃にも守備にもよく走ってチームに貢献してくれています。今日のゴールを見て、チームのために献身的に走る選手の前にボールはこぼれてくるんだなと思いました。(前所属の)ベガルタ仙台から一緒にやってきて親しくしてくれている先輩ですし、活躍してくれると嬉しいです。
  • 14 MF
    中川 風希
    毎回、試合に入る時はセカンドボールを意識するよう心がけています。今日はそれに加えて、ベンチから試合を見ていたら前半から空いているスペースがあったので、自分に出番が回ってきたらそこをうまく使おうと思っていました。(金久保選手のゴールシーンについて)その前にバイスのゴールだと思っていたのが、僕のポジションがオフサイドだったみたいで取り消されてしましました。でも、その後もチームの中に点を取れそうな雰囲気があり、みんなでゴールを目指した結果、点が入って良かったです。(金久保順選手のゴールに絡んだことについて)ジュニ(ジュニーニョ)からいいパスをもらうことができましたし、僕がボールをもらった時に周りの選手がいい動きをしてくれていたのでゴールにつながったと思います。自分の活躍というより、チームメイトのおかげだと思っています。(試合後はしばらく動けないようだったが)先制点を取ってから守備に追われる時間が多かったのでかなり苦しかったですが、勝つことができて良かったです。
  • 41 MF
    金久保 順
    前半はチャンスがあったのですが決めきることができませんでした。後半、嫌な流れになった時にみんなで我慢した結果、最終的に勝点3を取ることができて満足しています。(ゴールシーンについて)ゴール前に詰めようという意識はあったので、うまく自分の前にボールがこぼれてきてくれて良かったです。直前にゴールが取り消されて、ちょっとショックな気持ちはあったのですが、すぐに気持ちを切り替えてみんなで前に前にと、みんなでプレーでき、その結果、自分の前にボールがこぼれてきたと思います。ゴールパフォーマンスについては森脇選手が全部考えているんですが、今回は彼からのLINEメッセージを見るのを忘れていたので、チームメイトに「どうやってやるんだ?」と確認してからやりました(笑)。今回のテーマは相撲でした。(ホームゲーム全勝について)一日でも早くたくさんのファン・サポーターの皆さんにサンガスタジアム by KYOCERAに来てもらいたいですし、その日まで勝ち続けられるように頑張りたいと思います。

ギャラリー

DAZNでサンガを強くする!