試合情報

京都サンガF.C.
京都
天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会2回戦
73日(水) 19:00
ケーズデンキスタジアム水戸
試合終了
0
0 前半 0
0 後半 1
1
  • 90+2'
    村田 航一
水戸ホーリーホック
水戸

監督コメント

京都サンガF.C.

中田一三 監督

遠方までサポーターの方々に来ていただいて、勝つために来たので、今年の公式戦にまだ出ていない選手を含めて、ゲームの中でチームがやろうとしてきたことの表現を少しずつ発揮してくれたなと。ただ、得点につながる精度のところまではいかなかったというところと、しっかり相手の自由を奪う守備というのがなかなか…。得点されたというところでもそうですが、その前から少しこぼれるようなところがあったかなと。チームとしては、リーグ戦に普段出ていない選手たちが、しっかりと自分のいま持っている力は出してくれたかなと思っています。結果は残念ですが、準備してきたことはしっかりできたかなと思います。得点につながらなかったというところが大きな課題ですが、そのほかはしっかり力を発揮してくれたのではないかなと思っています。

 

(交代カードそれぞれの意図は?)

まず牟田(雄祐)は悪くはなかったですが、イエローを1枚もらっていたのと、そこで消極的になってしまったところ、少し危ういプレーも出てきたので、早めに(カードを)きっておきたいというところでした。ただ、(センターバックに)変えた宮城(雅史)が痙攣を起こして、少し後手になってしまったところはありました。福岡(慎平の投入)に関しては安定感が出てボールを持つ時間も増えましたが、押し込んだところで前線の選手たちの相手の背後をとっていくような動きというところまではなかなか出なかったかなと思います。セル(エスクデロ競飛王)も悪くはなかったですが、守備のところで少し残り出したので、高さも含めて大野(耀平)を入れました。それと(小屋松)知哉(の投入)は相手の右サイドバックが少し疲れているところもあったので、仕掛けてほしいというところもあって投入しました。

 

(天皇杯は敗退となったが、リーグ戦につなげられる要素は見つかった?)

チームの総合マネージメント力というか、リーグ戦に出ていない選手がここでやはり勝ち切っていくというところが、チーム力があるということになると思うので…。普段のトレーニングで、リーグ戦になかなか絡まない選手の技術もメンタルもそうですし、質のところをいかに高められるかというところは、これからリーグ戦をしっかり勝ち切っていくというところでは絶対的に必要だなと感じました。

 

(後半にインサイドハーフの左右を入れ替えた狙いは?)

前半は宮吉(拓実)が真ん中で、モッタと中野克哉がサイドでしたが、モッタが守備に関して少しうまく機能していなかった。あと、ジュニーニョのワイドもうまく機能していなかったところで、宮吉を外に出し、右サイドは機能していたのですが、左が少し機能していなかったところと、守備のバランスを整える意味で宮吉とモッタを変えました。そこはうまく機能したのではないかなと思います。

選手コメント

  • 1 GK
    加藤 順大
    今日は、(試合に)出られていなかったりするメンバーもそうですし、非常に高いモチベーションと、チーム一丸となって戦うという、選手同士が熱い絆を感じながらプレーはできました。今日は特に勝ちたかったですし、僕自身も公式戦が1年半ぶりぐらいだったので、京都に必要としてもらった分、しっかりしたプレーを今日は自分が出して、「この選手を獲得して良かったな」と思われるようにやっていこうとは思ってました。後半は良くなった部分もありましたけど、やっぱりゴールを決めないと、ですね。勝てなかったことがすべてだと思うので。天皇杯は終わっちゃいましたからね。もうリーグ戦だけに集中して、やっていけたらなと思います。勝てば浦和と試合ができたということもありますけど、あまり僕は次の対戦相手を考えてプレーする人じゃないので。とりあえず水戸に勝って、その後に「レッズとできるな」となればと思ったのですが…。まあ、できないので、何もないです。(終盤の失点は)いい集中力でやれていたし、ああいうところは口うるさく言っていたところ。でも、それでも起きちゃうのがサッカーだと思いますし、逆に僕らが決められるチャンスもあったと思います。そこは課題ですし、J2を優勝するためにもそういうところは逃しちゃいけないと思うので、いい教訓として次につなげられればいいかなと思います。
  • 26 DF
    下畠 翔吾
    立ち上がりはチームとしてちょっとバタついた部分もありましたが、球際のところや最後のところで体は張れていましたし、勝ちたかったですね。悔しいです。要所、要所の球際で戦えていたのでそこは良かったですけど、チームのやりたいことという部分では、少しできなかったことが多かったので、また練習しないといけないなと思います。ゲーム(の映像)を見て、しっかりと修正点を見つけて、練習するしかないと思っています。(今季初の公式戦で90分間プレーできたが)勝たないと意味がないし、あまり収穫はなかったです。
  • 13 FW
    宮吉 拓実
    前の4人は流動的にということは意識していましたし、カツ(中野克哉)が中に入ってきてビツさん(石櫃洋祐)のところも何回か使えたりしていたことは良かったです。ただ後半に関しては、もう少し前で(攻撃に)絡みたかったなという気持ちもあります。芝でけっこう滑っている選手がいましたけど、最後は結局、僕のところで滑って失点してしまったので、それは本当に僕の責任だと思っています。トーナメントなので勝って次につなげないといけない試合でしたけど、こういう結果になってしまったので…。少しでもリーグ戦につなげていければと思います。

ギャラリー