ホーム > ユース > U-18ゲームレポート

U-18ゲームレポート


【U-18】「第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第2戦」試合結果のお知らせ
[2017.7.24]

7月24日(月)に行われました、「第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループリーグ第2戦」の試合結果をお知らせいたします。

 
日時 2017年7月24日(月)11:30kickoff
場所 前橋市富士見総合グラウンド
形式 40分×2(前後半)
対戦相手 町田ゼルビアユース
結果 0-0
(前半0-0/後半0-0)
得点者
(経過)
 
メンバー [GK] 若原
[DF] 遠藤、竹島(→尾崎)、江川、岡崎
[MF] 杉田、福岡、橋本(→山田楓)
[FW] 服部、財前(→山田大)、上月(→菊川)

【GAME PHOTO】






【COMMENT】

<岸本監督>
町田の守備は粘り強かったです。やることが徹底されていました。それに対して、自分たちはボールを敵陣まで運んだあと、そこからどうやってシュートまで持っていくのかというところが課題として残りました。崩してシュートまで持ち込むのも一つだけど、(多少距離があったとしても)シュートを打ってしまってもよい場面もありました。(グループステージ突破の行方は最終戦次第となりましたが)FC東京は非常に強い相手です。プレミアリーグで対戦したときも一人ひとりの技術の高さを感じました。その試合で感じたことをしっかり生かして、最終戦に臨みたいです。
<GK1.若原智哉>
この試合で勝ってグループステージ突破を決めたかったのが正直な気持ちです。守備ではみんな身体を張って対応できていました。試合終盤にピンチはあったけれど、そこも杉田が顔面でブロックして助けてくれた。外から見ていてどうかはわかりませんが、やっている僕たちは今日はやられるイメージはありませんでした。最終戦のFC東京は強いけど、やるしかない。自分たちのやるべきことをしっかりやって、ノックアウトステージへ進みたいです。
<DF5.江川 慶城>
引き分けじゃ駄目な試合だったと思います。勝てば突破を決めれたのに、自分たちで苦しい試合にしてしまったのかなという印象です。相手はけっこう最終ラインの裏が空いていたので立ち上がりから突いていたんですが、そこで決めきることができませんでした。後半は攻めたときにシュートで終わることができなくて、相手が狙っていたカウンターを受けてしまいました。最終戦で戦うFC東京は技術の優れたチームです。僕たちは戦う気持ちや球際の激しさをしっかりと打ち出していきたい。それができれば絶対に勝てると思います。
<MF8.橋本尽>
試合が終わって、もっとシュートを積極的に狙うべきだったなと感じています。シュートを打てそうな場面でも、違う選択肢を選んでしまうことがありました。個人的にも昨日今日とシュートへの意識が課題として残っています。最終戦はどんなメンバーでいくかわからないけれど、出場できたなら精一杯の戦いをしたい。今日もそうだけど、メンバーに入れないチームメイトたちがスカウティングや試合の準備で僕たちを支えてくれています。試合に出れない、プレーできない悔しさがあるはず。ピッチに立つ選手はそうした思いも背負っていかないといけない。絶対にグループステージを突破したい。全員で戦いたいと思います。
<MF18.上月 壮一郎>
初戦は出場停止で試合に出れなかったので、今日はみんなよりも走っていこうと試合に臨みました。立ち上がりはサイドを突くことができたんだけど、最後はみんな疲れている中で決定的な仕事ができませんでした。最終戦はFC東京に勝つか引き分けないと突破できないと思う。引き分けでいいと思ってやれば危険なので、勝つという気持ちで試合に挑みたいです。


一覧へ戻る

バックナンバー


ページトップへ