ホーム > 普及活動 > イベントスケジュール・レポート

イベントスケジュール・レポート


7月サンガつながり隊
[2016.7.22]

この日は池上コーチと福中コーチが訪問しました。

7月は1学期最後のつながり隊をレポートいたします。この日は京都市にある美豆小学校を訪問し、4年生2クラスで実施しました。夏本番の暑い日で、プログラム前に先生が熱中症を心配されていましたが、終わった後に「みんな生き生きと楽しんで活動してたので、あっという間の90分でした。」と声をかけてくださりました。2学期もたくさんの学校に訪問できることを楽しみにしています!

☆ある1コマ☆
この日の最初のプログラム。コーンゴールがいくつか用意してあり、コーンを通り抜けると1点になり、1人10点をとるゲーム。この順番で行きなさいというようなやり方の説明はなくスタートしました。通る順番やどのゴールを通るかは自分の好きなようにいけます。
「よーいドン」の合図をだすと、みんなこれであっているか不安な様子で恐る恐る進んでいきました。その後何人かのお友だちが走りだしました。するとその走り出したお友だちの後ろについてみんなも走り出しました。みんなと違うゴールに行くお友だちも何人かいましたが、多くは前の人について行き同じような点の取り方で帰ってきました。終わった後に「前の人の後ろについて行ってた人が多かったよね。今日のつながり隊ではどんな道でもいいから自分で決めてやってみよう!」と進めていきました。つながり隊では答えのないことをやっていきます。だからこれが正解ということはありません。人と同じではなく、自分を信じてやってみる勇気を育んでいける環境づくりも大切にしていきたいと考えています。

☆2016年度申し込み☆
お気軽にお問い合わせください!つながり隊は子どもたちにサッカーの技術向上ではなく「人と人がつながっていくことの大切さ」を伝えるために活動を行っています。

▼詳しくは下記をご覧ください▼


コーンを通過して10点取るゲーム♪みんなあってるか不安なようで恐る恐る進んでいました。

コーンを通過して10点取るゲーム♪終わった後に「前の人の後ろをついて行ってた人は今日は自分で決めてやってみよう」と振り返りの話を行いました。

2人で勝負が決まったら新しいペアでまた勝負!自分でやる相手を探して誘いあいます!

ボール2球でのパス交換。「朝からまだ話してない人とやってみましょう」と条件をつけてやりました。

最後の試合のチームも自分で一緒にやる相手を探してやっていきます!

「今日はどうだった?」振り返りの時間です。どんな答えでも大丈夫。 みんなが思っていることを言えるようになってほしいとそんな雰囲気づくりを大切にしています。


一覧へ戻る

バックナンバー


ページトップへ