ニュース

2016.07.09
U-18

【U-18プレミアリーグ第8節】7/10(日)はホームでセレッソ大阪U-18と対戦!

7月10日(日)にホーム・東城陽グラウンドで開催される高円宮杯プレミアリーグWESTの第8節。サンガU-18は、首位を走るセレッソ大阪U-18と対戦する。


前節アウェイでの神戸弘陵学園高校戦では、サンガU-18は2点をリードしながら、ラスト10分で失点を重ねて痛恨のドローに終わった。運動量が低下する中、勢いに乗る相手に対して攻守共にちぐはぐな展開となってしまった。今季まだ勝利がないということも精神面でマイナスに作用しているのかもしれない。森岡監督は「(リーグ戦で)6試合、勝ちがないのはきつい」と選手の気持ちを代弁しつつ「泥まみれになっても、這ってでも、前へ進むしかない」と決意をにじませる。流れが良くないときはいいプレーやいい試合ができていても、ちょっとしたことで崩れてしまいがちだ。苦しい状況で何ができるのか。自分たちが日々積み重ねてきたことをどれだけ信じられるのか。下位に甘んじている状況だからこそ、問われるものがある。


今節、迎え撃つのは6勝1敗で首位を走るセレッソ大阪U-18。C大阪は今季からU-23がJ3に参加しており、その試合にU-18の選手も招集される影響などでなかなかスタメンを固定できずにいるが、逆にそれがチーム内の活性化や選手の成長を引き出している。球際の強さやハードワーク、サイド攻撃から7試合でリーグ最多となる23得点と叩き出しており、MF中島元彦(2年生)やDF舩木翔(3年生)が得点ランキング上位に名を連ねる。京都としては守備の奮闘が欠かせない。DF麻田将吾(3年生/立命館宇治高等学校)を中心とした守備陣はもちろん、前線や中盤も含めたチームとしての守備が機能するかどうかがポイントの一つとなりそうだ。最終ラインではリーグ再開後からDF大西航暉(2年生/立命館宇治高等学校)がセンターバックの一角を務めており、「前々節は久々のスタメンで緊張したけれど、前節は自信を持ってプレーできた」と話している。センターバックとサイドバックの両方をこなせるDF岸本大地(3年生/立命館宇治高等学校)の起用法に幅が出ることとあわせて好材料だ。


また、前節はFW三田尻和哉(3年生/立命館宇治高等学校)に待望の今季初得点が生まれており、中盤でもU-16日本代表から戻ってきたMF福岡慎平(1年生/京都翔英高等学校)が攻撃を組み立ててゴールを奪うなど存在感を発揮。今節も活躍が期待される。 FW遠藤直弥(2年生/立命館宇治高等学校)は「順位は(C大阪が)上だけど、自分たちの戦いができれば勝てない相手じゃない。前節の課題を改善して挑みたい」と意気込みを語る。今週は高校がテスト期間で試合への準備という意味では難しさもある一週間だったが、週末には初勝利を賭けたゲームへと気持ちを切り替えてサンガタウンに集まる選手たちの姿が見れるはずだ。同じ関西のJクラブ育成組織同士の戦いということも含めて、いつも以上に勝利への欲求度は増している。プレミアリーグWEST第8節は、明日(7/10)東城陽グラウンドで16時30分キックオフ。臆することなく戦って、浮上のきっかけをつかんでみせる。
[文:雨堤俊祐]

■高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ ウエスト 第8節
日時 7月10日(日)16:30キックオフ
対戦相手 セレッソ大阪U-18
会場 京都サンガF.C.東城陽グラウンド

この記事をシェアする