ニュース

2014.05.31
試合情報

【J2第16節vs.岐阜プレビュー】譲れない戦い。連敗をストップし、上へ!

前節群馬戦は、互いに得点がほしい0-0の後半、21分、26分、32分のおよそ10分間に3失点。今季ホーム初黒星を喫し、2連敗(勝点23で6位)。今節はJ2で唯一となる日曜日のナイター開催。しっかりと切り替えて、勝利をつかみにいく。

6月最初の相手はFC岐阜。そして東京V、千葉と続く。バドゥ監督は、「ここ2試合で1点しかとれていない。アタックでのプラスアルファが必要」と今週、守備面に加えて、攻撃面でのトレーニングを強化。暑さの中、選手たちはハードなトレーニングで課題に向き合い、監督は「選手たちは素晴らしいメンタリティで取り組んでくれた」と評価。トレーニングは順調に進んだ。

対戦するFC岐阜は、昨季はJ2残留争いを繰り広げ、21位で残留を果たした。今季は新たにラモス瑠偉監督を迎え、新加入選手にはW杯出場経験のあるGK川口能活、DF三都主アレサンドロをはじめ、実績ある選手が加入。ホーム開幕戦は、1万人を超える観客を集める中で勝利を飾った。ここまで5勝3分7敗。前節北九州戦は、1-0でリードする岐阜が数的優位に立つ中、同点に追いつかれドロー。ここ4試合は勝利がなく現在17位につける。

対戦を前にバドゥ監督は、「ラモスさんはブラジル出身者として、日本のサッカーの中で最も素晴らしいストーリーを作った。彼が監督のチームとやれるのは楽しみ。攻撃的なサッカーで、点を取り合ういいゲームになるだろう。多くのゴールが生まれればと思う。うちは3点くらいとって勝ちたい」と意気込む。共にサッカーに熱い思いを抱くブラジル出身の両監督の対決も見どころのひとつとなりそうだ。

今季の得点は、サンガが22点、岐阜は20点をマーク。岐阜はFWナザリトとFW難波宏明が6点を挙げている。対するサンガには、J2得点ランクトップの大黒(11点)がいる。大黒は、「勝って、また上に上がっていけるように頑張る」とコメント。ゴールを奪いにいく迫力あるシーンが楽しみだ。また、コンディションを上げてきたアレッサンドロや練習試合で得点した宮吉、有田などがチームの勝利に貢献すべくゴールを狙っている。

そして、気を引き締める守備陣は、酒井が「監督がラモスさんなので、最後まで戦ってくると思う。慌てず、ボールの出どころを予測し、どれだけボールにアタックできるか。最後のところで抑えたい」と意識を高める。

サンガは連敗をストップし、続く試合へと向かう大事な試合となる。タフな戦いが予想されるこの一戦。駆けつけてくれるサポーターと共に勝利を持ち帰りたい。

********************************************************************
2014Jリーグディビジョン2第16節
■日時:2014年6月1日(日)19:00キックオフ
■対戦:FC岐阜 vs. 京都サンガF.C.
■会場:岐阜メモリアルセンター長良川競技場
********************************************************************

2連敗の厳しい状況から抜け出すため、岐阜から勝利を収めるため、ぜひ選手たちへ熱いご声援を宜しくお願いします。
長崎戦(5/11)以来、今季12得点目が期待される大黒。「練習でもいいクロスが上がってきているので、試合でもしっかり決めたい」とコメント。
「ボールの出どころを予測し、どれだけボールにアタックできるか。最後のところで抑えたい」と守備面の立て直しを誓う酒井。

この記事をシェアする