ニュース

2009.03.28
試合情報

【ナビスコカップ第2節vs清水プレビュー】山形での戦いをバネに勝利を!

ナビスコカップ初戦、雪の山形で慣れないピッチと寒さの中、思い通りの戦いができなかったサンガ。G大阪戦から中2日で山形、そして、休む間もなく中3日で清水に向かうサンガ。長距離移動が続くアウェイでの戦いとなるが、予選リーグを突破しファイナルに進むため、なんとしても勝利を挙げたい。

対戦する清水は、昨季J1で5位。3年連続で上位に進出している。また、ナビスコカップでは昨季準優勝とタイトルまであと一歩の成績。5年目となる長谷川監督の下、今季こそとタイトルを狙っている。今季は、実績ある長身ストライカーのヨンセンを獲得した。Jリーグ第1節、第2節と2戦連続完封されている清水。3節・名古屋戦では、決定機は作ったものの、得点はFW岡崎が挙げた今季チーム初ゴールのみにとどまり、1-3で破れ、今季未勝利。ナビスコ第1節はゲームがなかったため、サンガとの第2節がナビスコ初戦となる。

サンガは山形戦から気持ちをしっかりと清水戦へと切り替えた。練習場に激励に訪れたファン・サポーターからエネルギーもチャージし、28日(土)午後、清水へと出発。自分たちのやるべきことを見失わず戦いたい。清水に勝てば、またサンガのいい雰囲気が戻ってくる。後に控えるリーグ戦へ向けても勝利でつなぎたいところだ。

山形戦で今季初ゴールを決めた佐藤は清水戦に向け、「ヨンセンは、ジャンプのタイミングや体の入れ方など、日本人にはない高さがある。ヨンセンを起点にボールを入れてくると思うので、こぼれ球を拾うことが重要。サンガがセカンドボールを拾っていけば、ヨンセンに合わせてこられないと思う」とハードワークでこぼれ球を奪いにいくことをポイントに挙げた。

山形戦で得点への起点になるプレーをした林は、「山形戦は、決して走れていなかったわけではないが、大事なところで効果的な走りが少なかった。清水戦、勝つためには自分たちのサッカーを90分やりきるしかない。勝って上にいきたいという気持ちを前面に出して戦えば勝てる」と、戦う気持ちの大切さを語った。

山形戦に向け渡邉が、「山形の移動がしんどかったが、一日寝たら回復した。清水戦は、積極的にサイドからクロスを入れてチャンスを作りたい。1対1で負けないプレーを見せたい」と語れば、柳沢は、「連敗しないことが非常に重要。みんなの意識が同じ方向に向くことが、プレーにも、勝つためにも重要になる」と勝利に向け気持ちをひとつに戦うことの重要性を挙げた。

守備からいいリズムを作り、先制点を奪って勝利を導きたい。

2009 Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 第2節 vs清水エスパルス
3月29日(日)アウトソーシングスタジアム日本平 13:00キックオフ!!


*********************************************
《テレビ放送予定》
なし
*********************************************
試合当日、観戦できない方は『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』で試合情報をチェック!!
臨場感に溢れた文字速報を試合開始から終了まで配信。気になる最新の試合情報や、監督・選手コメント、試合のハイライト写真なども毎試合お届けしています。また、試合中には試合速報メールも配信中!これで外出先でもサンガの試合情報を逃さずゲットできます!
★『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』へのアクセス方法はこちら>>>
*********************************************
試合前、雪かきされた山形NDソフトスタジアム
山形戦で今季初ゴールを決めた佐藤勇人選手
山形戦でゴールにつながるパスを豊田陽平選手に出した林丈統選手

この記事をシェアする