ニュース

2009.03.24
その他

Jリーグ通算入場者数1億人突破によせて

2009年J1第3節(3月21日)に、Jリーグの通算入場者数が1億人を突破いたしました。つきましては、京都サンガF.C.よりサポーターの皆様へ、感謝のコメントをお送りさせていただきます。


梅本徹 代表取締役社長

「日頃より京都サンガF.C.へ熱いご支援、ご声援をいただき、誠にありがとうございます。

3月21日のJリーグ公式戦におきまして、Jリーグの通算入場者数が1億人を突破致しました。Jクラブとして今回の記録達成を非常にうれしく思いますし、また同時に全国のファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、ホームタウンの皆様、そしてJリーグを支えて下さっている全ての皆様に心から感謝の気持ちで一杯です。

京都サンガF.C.といたしましても、Jリーグが掲げる「イレブンミリオンプロジェクト」(2009年に年間総入場者数1,100万人を達成)達成に全力を注ぐことはもちろんのこと、西京極ホームゲームでの年間総入場者28万人の達成に向け、顧客満足度の更なる向上やホームタウン活動の充実など様々な活動に取り組んで参ります。今後ともJリーグならびに京都サンガF.C.への変わらぬご支援、ご声援のほど、宜しく御願い致します。」


京都サンガF.C. 選手会

「Jリーグの総入場者数が1億人を突破したことを大変うれしく思うと同時に、スタジアムへご来場頂いたすべての皆様に感謝しています。これから先、サッカーを愛する皆様に夢と感動を与える存在であり続けることができるように、支えて下さっている皆様への感謝の気持ちをどんな時も忘れずにプレーしていきたいと思います。引き続き、Jリーグを、そして京都サンガF.C.を宜しく御願い致します。」

この記事をシェアする