ニュース

2019.12.01
トップチーム

田中マルクス闘莉王選手 現役引退のお知らせ

このたび、京都サンガF.C.所属の田中マルクス闘莉王選手が2019シーズンをもちまして、現役を引退することとなりましたので、お知らせいたします。

田中 マルクス闘莉王/TANAKA Marcus Tulio

■コメント

「京都サンガサポーターの皆さん、3年間、熱い応援ありがとうございました。来年から亀岡の新スタジアムがホームになる京都サンガの新たな舞台での活躍を心から楽しみにしています。」

生年月日

1981年4月24日(38歳)

出生地 ブラジル
身長/体重 185㎝/85㎏
ポジション DF
サッカー歴

ミラソルFC(ブラジル)→渋谷幕張高校→サンフレッチェ広島→水戸ホーリーホック(※期限付き移籍)→サンフレッチェ広島→浦和レッズ→名古屋グランパス(2010年~2015年)→名古屋グランパス(2016年9月~)→京都サンガF.C.

代表歴

・U-23日本代表(2004年アテネ五輪出場)

・日本代表43試合出場/8得点

2010年 南アフリカワールドカップ16強進出

[日本代表デビュー戦]2006年8月9日キリンチャレンジカップ2006(トリニダード・トバゴ戦)

[日本代表初ゴール]2006年11月15日 AFCアジアカップ2007予選(サウジアラビア戦)

個人記録

2006年 JリーグMVP、日本年間最優秀選手賞

2007年 報知プロスポーツ大賞

Jリーグベストイレブン9回(2004年~2012年)

2017年 DF登録選手としてJリーグ史上初通算100得点を達成

出場記録

(12月1日現在)

<2019シーズン>30試合0得点

<Jリーグ通算>529試合104得点

<カップ>51試合13得点

<天皇杯>16試合5得点

<ACL>22試合3得点

この記事をシェアする