ニュース

2019.09.11
ホームタウン

【サンガ日記】城陽市特産のいちじくを贈呈いただきました

9月11日(水)、ホームタウン城陽市の特産であるいちじくを生産しているJA京都やましろ青壮年部の有志の方が、朝採りいちじくの贈呈にサンガタウンに来てくれました。

 

サンガからはチームを代表して中田一三監督、福岡慎平選手、上月壮一郎選手が受け取らせていただきました。

 

 

いちじく生産者の方から「このいちじくを食べてJ1昇格へ向けて頑張ってください」と激励の言葉をいただき、中田監督は「チームは現在、今シーズン初めて2連敗していますが、今週勝つことができればこのいちじくのおかげだと思います。シーズン最後まで応援お願いします。」とお礼の言葉を述べさせていただきました。

 

早速その場で試食をした上月選手は「ユースの時から城陽に住んでいますが、いちじくのことは知りませんでした。とてもおいしいです。」とコメント。

 

 

カルシウムや鉄分など多くのミネラル分をバランスよく含んでいるいちじくは美容や健康に良いとされています。

また、城陽産のいちじくは早朝から完熟したものを収穫し出荷するため、実も大粒で甘みがあるのが特徴です。

 

地域の方から支えられていることを改めて感じるひと時でした。ありがとうございました。

この記事をシェアする