ニュース

2019.07.11
ホームタウン

7/5(金)亀岡市自治会連合会がサンガタウン城陽で視察研修を実施

7月5日(金)、いよいよ2020年に新スタジアムのオープンを迎える亀岡市の全23の自治会長様が視察研修としてサンガタウン城陽を訪問されました。

 

 

今回の視察研修は、京都サンガF.C.とホームタウンの関わり合いを知り、スタジアム完成後の地域活性化につながるまちづくりに役立てるために、スタジアム工事現場見学と合わせて実施されたものです。トップチームが練習に使用している天然芝グラウンドなどを見学いただいた後、京都サンガF.C.から、京都サンガF.C.の理念やこれまで亀岡で行ってきたホームタウン活動などの説明のほか、今後も地元の方々のご支援をいただき、地域の皆さんと一緒に全国から注目される事例を作りたいという願いをお伝えさせていただきました。

 

 

説明後の質疑応答では、このような説明会を各自治会でも行ってほしいといった要望をいただきました。

 

 

天然芝グラウンド見学では、新スタジアムの芝生はどのようになるのか、芝生の長さに規定はあるのかなど様々な質問がありました。

 

京都サンガF.C.は今後も関係各所と広く意見交換を行い、亀岡を含めた地域の活性化に積極的に関わってまいります。

この記事をシェアする