ニュース

2019.03.15
ホームタウン

【サンガ日記】「献血推進キャンペーン」服部、江川選手が献血ルーム伏見大手筋 1日所長に就任!

3月14日(木)、献血ルーム伏見大手筋にてトップチームの服部航平選手、江川慶城選手が1日所長に就任。谷口所長から委嘱状を受け、献血に関する簡単な講習を受け、献血ルーム内を見学。その後、大手筋通りで街頭啓発活動とサンガの試合PRを行いました。

 

 

谷口所長より委嘱状を受け取り、いよいよ1日所長としてデビュー!

 

 

献血センターのスタッフから講習を受ける服部、江川両所長。真剣に受けていました♪

 

 

襷(たすき)を肩から掛けて街頭啓発のスタート! 道行く方に献血推進の啓発品と3月17日(日)柏レイソル戦をPRするチラシを配布。積極的によびかけていました。

 

 

活動を振り返り、二人は、「貴重な体験ができた。」「少しでも自分たちが社会貢献することができよかった。」と充実感に満ちた表情で語っていました。

 

 

年度末、年度初めは献血者が減少傾向にあるのが現状です。献血へのご協力よろしくお願いいたします!

 

京都府赤十字血液センター HPはコチラから

https://www.bs.jrc.or.jp/kk/kyoto/index.html

この記事をシェアする