ニュース

2018.06.14
ホームタウン

【サンガ日記】ホームタウンの亀岡市でサッカー教室を行ってきました

6月2日(土)、亀岡市体育協会が主催の亀岡市スポーツ体験教室の一つであるサッカー教室に普及部加藤コーチ、郡山コーチ、村上コーチが参加しました。亀岡市運動公園体育館で開催され、総勢約100名の児童がサンガコーチと一緒に汗を流しました。
当事業は、児童に様々なスポーツに親しんでもらうため、また健康づくり・体力づくりの推進を図るために毎年実施されています。
 
ゲームの前にドリブル練習やシュート練習を行いました。村上コーチがGKをするゴールに向かってシュート!!

 

 
待ちに待ったゲームです。郡山コーチも一緒に参加して、みんな一生懸命ボールを追いかけていました。

 

 
ゲームの合間には、たくさんのお友だちと関わることと、チームワーク向上を目的に色々なプログラムも体験しました。その一つを紹介します。
グループで円になり、各自人差し指だけを使ってフラフープを持ちます。フラフープを落とさずにみんなでしゃがみ、フラフープを持ち上げるというもの。
加藤コーチから呼吸をあわせて立ち上がるのがポイントと教わりながら挑戦。みんな最初はバラバラでしたが、声がけをしながらフラフープを落とさず立ち上がることができました。

 

 
最後にみんなで記念撮影、サンガコーチとともに楽しいひとときを過ごしました。

 

 
京都サンガF.C.では、これからも地域密着活動を積極的に行っていきます。選手・スタッフ一同、一致団結して頑張ってまいりますので、これからも応援よろしくお願いします。
 

 

この記事をシェアする