ニュース

2015.05.30
ホームタウン

菅沼 駿哉選手「闘う気持ちをピッチで見せたい!」

チームの浮上へ向けてカギを握るのが、明日の対戦相手、ロアッソ熊本でも2011シーズンの約半年間、期限付き移籍でプレー経験がある菅沼駿哉選手です。

菅沼選手自身、今シーズンは序盤こそ出場機会に恵まれませんでしたが、アウェイ札幌戦でサンガでの初出場を果たして以降、今やディフェンスラインには欠かせない存在になっています。

古巣・熊本戦へ向けて菅沼選手に話を聞きました。



Q.ロアッソ熊本時代を振り返って?

「(熊本には)出場機会を求めてガンバから移籍して、高木監督のもとで本当にたくさんのことを学ばせて頂きました。試合にもリーグ戦17試合、天皇杯3試合に使ってもらい、プロとしての自覚を叩き直されて、僕にとっては本当に大きな時間でした。」

Q.現在のロアッソ熊本のチームの印象は?

「ビデオを見た限りでは僕が熊本にいたときから(熊本の)闘い方は大きく変わっていないように思いますけど、一緒にプレーしていたカズキ(齊藤選手)も調子が良さそうだし、アイツには仕事をさせたくない。」



Q.明日のロアッソ熊本戦へ向けて

「チームは今徐々にいい方向へ向かおうとしている。京都はJ1を目指しているチームだし、京都の地に恥じないチームでなければいけない。サポーターの皆さんの為、チームを支えて頂いている全ての皆さんの為にという気持ちを忘れずに、明日も結果を求めて闘いたいと思います。」

選手間ミーティングでは「もっと闘う気持ちを出していこう」とチームメイトに伝えたという菅沼選手。

熱い思いを明日、古巣相手に西京極のピッチで爆発させてくれるはずです!

 2015明治安田生命J2リーグ 第16節
日時 2015年5月31日(日)13:00キックオフ
対戦 京都サンガF.C. vs. ロアッソ熊本
会場 西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
【アクセス】http://www.sanga-fc.jp/game/stadium/index/
開場 【場内】ファンクラブ会員先行入場10:30~55/一般11:00
【場外】サンガフレンズスクエア、飲食・グッズ・当日券販売10:00

この記事をシェアする