ニュース

2015.05.28
ホームタウン

パーサくん、京丹波町の「田んぼアート」をお手伝い

5月24日(日)、「京丹波町白土村つくり会」さま主催の“田んぼアート”(※)をパーサくんがお手伝いに行きました。


まずはみんなで記念撮影。今日は頑張りましょう!

京丹波町白土村つくり会さまは、2年前からサンガへの熱い思いを田んぼアートにして応援していただいています。2年前はコトノちゃん、昨年はパーサくんの顔を作っていただきましたが、今年は、昨季J2で得点王に輝いた大黒将志選手の似顔絵にチャレンジしてくださいます。一体どんな作品になるのでしょうか?

田んぼアートは、みんなの息のあったチームワークが大切です。小さな子どもたちも頑張って手伝ってくれて、休憩時間にはパーサくんとふれあったり、写真を撮ったりしました。


「そのまま下がってください」と、作業中の皆さんに合図を送るパーサくん。
京丹波町白土村つくり会さまは、横断幕も作ってサンガを応援してくださっています!!


今から秋の稲刈りが待ち遠しいですね!稲が元気に育ちますように!

京都サンガF.C.は、これからも地域密着活動を積極的に行います。今回いただいた皆様の思いを、さらに大きくしてお返しできるよう頑張ってまいりますので、これからも応援よろしくお願いいたします!

※田んぼアート…色彩が異なる稲を使って田んぼに絵柄を描くこと。

この記事をシェアする