ニュース

2014.01.18
ホームタウン

バドゥ監督就任記者会見

1月17日(金)、今シーズンより京都サンガF.C.の指揮をとるバドゥ監督の就任記者会見がクラブハウスにて行われました。

この日の午前中に来日したバドゥ監督はスーツスタイルに紫色のシャツ、そしてマフラーを身にまとい、“サンガスタイル”で登場。その後はクラブハウスへ直行。サンガタウンの施設を見学し、夕方から行われた記者会見に臨みました。

以下会見での主なコメントです。

「コンバンハ(日本語で)。まず皆さんに謝らなければいけないのですが、私は日本語がしゃべれませんので、通訳(岡本通訳兼マネージャー)を通してしゃべることになります。ご存知の通り、3年間日本で過ごしましたが、なかなか日本語を覚える機会がなく、日本語はあまりしゃべることができません。しかし、皆さんとのコミュニケーション、選手とも含め、心で通じ合いコミュニケーションが取れると思いますので、何も心配していません。自分も奥さんもまた日本に来れることに本当に満足していますし、とても嬉しく思っています。昔の首都である京都で仕事ができることに、嬉しくてワクワクしていますし、歴史があって、日本で最古のチームである京都サンガで指揮をとれることを非常に嬉しく思っています。昔、日本にいたときから、京都というチームに対してはシンパシーがありました。フェニックス(不死鳥)というシンボルにも通じる気持ちがありました。普段ならもっと皆さんとリラックスして、いろんな会話ができると思います。というのは、こちらに来る旅の間はなかなか寝られず、2日間くらい起きている感じで今はテンションが低いのです。ただ、例えば、明日、明後日に皆さん(記者)が来られた時には、テンションが違うと思います。それは、薬を飲んで若返りをしたわけではなく(笑)、それがしっかりとリカバーをした自分です。すべての質問に答える準備ができています。宜しくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<質疑応答>

Q、京都サンガからのオファーを引き受けた理由は?

「2009年に長野で指揮を執った後、日本にまた来る機会があればとずっと考えていました。今回の合意に至るまでに、日本の他の都市からもオファーがあったのですが、その時は他チームの指揮を執っていて、それを捨てて行くことはできなかった。自分も奥さんも日本で仕事がしたいとずっと思っていました。今回いいタイミングで、さらに今年はワールドカップがブラジルであって、日本も出場する、いろいろなことに何か通じるものがある。京都は昔の首都で、歴史的な街で仕事ができるのもとてもいいことだと思って、今回のタイミングでサンガで仕事をさせていただくことになりました」 

Q、祖母井GMの影響も大きかったのですか?

「祖母井さんがいたことは理由のひとつです。それは間違いないです。そして、日本のサッカーは、まだJリーグが発足して20年です。短い歴史のなかで大きな成長を遂げているサッカーだと思います。最近に関しても、2年ごと3年ごとにヨーロッパで活躍するような素晴らしい選手が出てきていますし、日本は素晴らしい才能を持った選手がたくさんいるリーグだと思っています。そういうところで仕事をするのは大きな魅力です。自分も興味を持ってやってきましたが、いろんな監督にとっても、日本はタレントが豊富で未来がある場所だと思っています」

Q、ブラジルをはじめ10か国を超える国々で監督をされて、その経験をサンガでどう生かせると思っていますか? 

「すべての監督がそれぞれいろいろなものをもち、次のクラブチームで成功したいと思っているはずです。監督にしても、選手にしても、仕事で成功したいというのは誰にでもあると思いますが、成功して、有名になって、いろいろな人に見られるというのは素晴らしいことだと思います。そのなかで自分にできることは、攻撃的なサッカーをしていくことですし、何かを得るための方法だと思っています。それがサッカーには必要です」 

Q、この一年で目指すべき成功とは?

「スポーツ、自分はサッカーに携わっているのですが、良きチーム、強いチームが絶対に勝つということがないのがサッカーです。時には運も必要だと思っています。個人的に何が成功かというのは、すべての選手たちがどんどんうまくなって、進化していくことが一つの形だと思っています。そして、チームとして毎試合毎試合、年を追うごとにサポーターの数が増えていくこと。自分が長野にいた時も、初めはスタジアムに300人くらいしかいなかったのが最後は4000人くらいにまで膨れあがりました。京都でも同じような形で選手がより良くなっていき、サポーターの数が増えていく。するとサポーターも『(サンガは)素晴らしい試合を見せてくれるんだろうな』という信頼関係が生まれてくる。チームが盛り上がってスタジアムの観客席がどんどん埋まってくることが私にとってひとつの成功の形だと思っています。もうお分かりだと思いますが、そこでJ1に上がれたら、私も日本語がしゃべれるようになるかもしれませんね(笑)」

Q、監督のニックネームは?

「ブラジルのカルチャーとしてニックネームを持っています。ヴァルデイルという名前はありますが、学校でも使ったことはありません。子どものころからずっと“バドゥ”です」



18日(土)に行われた午前練習からさっそく指揮をとった“バドゥ”監督。
明日行われるファン感謝デー「2014キックオフフェスタ」では直接、ファン・サポーターの皆さまへご挨拶をさせて頂く予定です。
それでは明日、パルスプラザでお会いしましょう!!

なお、京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイトでは、本日行われた記者会見の詳細をアップ予定です。こちらもお楽しみに!



------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★「
2014Jリーグディビジョン2試合日程発表!」 詳しくは>>>こちら
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★「2014シーズン チームリスト及び背番号」 詳しくは>>>こちら
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この記事をシェアする