ニュース

2016.06.21
スクール

6月サンガつながり隊

6月は京都市にある淳風小学校での様子をレポートいたします。2学年ずつ1~6限目まで実施しました。前日の雨により1~4限目は体育館で行いましたが、5・6限目には外で実施することができました。この日は京都地方法務局から人権擁護委員の方と人権イメージキャラクター「人KENまもる君」と「人KENあゆみちゃん」が来てくれました。

☆ある1コマ☆
人権擁護委員の大賀さんが子どもたちへの話の中で、何かしてもらったら「ありがとう」、間違ったことをしたら「ごめんね」と言えるようになりましょうと話がありました。私たちも子どもと関わる中で心がけていることはコーチと生徒と立場が違えど、人間としては対等であるということ。人間として対等に子どもたちと関わっていきたいと考えています。そこに偉そうな態度や命令は存在しません。時には「見守り」、時には「共に」活動し、時には「寄り添い」、時には「笑いあう」そんな風に子どもたち一人ひとりと大切に関わっていきたいと思います。

☆2016年度申し込み☆
お気軽にお問い合わせください!つながり隊は子どもたちにサッカーの技術向上ではなく「人と人がつながっていくことの大切さ」を伝えるために活動を行っています。
▼詳しくは下記をご覧ください▼
1・2年生の様子♪福中コーチが授業をおこないました。
池上コーチと勝負♪みごとコーチにかわされました!
一緒にやろう!とたくさん声をかけてくれました。
コーチ・先生・子どもたちみんな一緒に笑いあえる時間が素敵ですね♪
人KENまもる君と人KENあゆみちゃんを見てみんな大喜び!
プログラム後「ありがとう」といいに来てくれました。
「また一緒にやろうね」とコーチとハイタッチ♪

この記事をシェアする