ニュース

2013.09.19
スクール

【今週のサンガ・キッズつながり隊】9月第2週

今週は、京都市山科区にある大宅保育園へお邪魔しました。改築されたきれいな園舎の横には、人工芝の園庭がありました。人工芝になってから、こけて涙を流す姿がグンと減り、元気に走り回る姿や気持ちよさそうに寝転がる姿がたくさん見られるようになったそうです。気持ちのいい園庭で、これからもたくさんのお友だちと楽しく遊んでくださいね。

ご参加いただきました皆さま、ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

■9月12日(木)大宅保育園(山科区)年長ゆりA組、年長ゆりB組

大宅保育園(京都市山科区)年長ゆりA組 片足立ちでバランスをとることが必要となる少し難しい課題に挑戦中。やってみて、周りの様子をうかがって、真似してみて…それぞれにチャレンジしてくれていました。
大宅保育園(山科区)年長ゆりA組 自分で投げたボールを足の裏で押さえます。うまく止められることもあれば、足の裏をボールがすり抜けていくことも。利き足の次は、逆足にも挑戦!どっちの足が得意かな?
大宅保育園(山科区)年長ゆりA組 ボールと一緒にお散歩して、コーチの近くに帰ってきました。お友だちにも、お友だちのボールにもぶつからないようにとの思いから、自然と慎重なドリブルになっていましたね
大宅保育園(山科区)年長ゆりB組 照れながらも、だんだんニコニコ顔になっていくB組の女の子たち。ただ歩くだけなのに、なぜだか笑顔がこぼれます。
大宅保育園(山科区)年長ゆりB組 今回のコーン倒しは、ビブスの色で「倒す」コーンと「直す」コーンの色が決まっているチーム戦。コーンを前に「???」と考える子、色に構わず倒し続ける子、直すことに集中する子、お友だちの間違いを教えてあげる子、バランスよくやる子…。たくさんの個性が見えました。

この記事をシェアする