ホーム > ニュース > インフォメーション

インフォメーション


書道家 祥洲先生作「2016シーズン・チームスローガン(デザインロゴ)」決定!
[2016.1.30]

このたび京都サンガF.C.では、新体制発表記者会見(1/14(木))で発表いたしました、2016シーズンのチームスローガン「一丸 よみがえる不死鳥(サンガ)」のデザインロゴが決定いたしましたのでお知らせいたします。

また、今シーズンのチームスローガンは「大河ドラマ/軍師官兵衛」の題字等を手掛けた書道家の祥洲先生に書き上げていただき、祥洲先生の文字に込めた思いをコメントと併せお知らせいたします。

このスローガンのもと、チーム一丸となり、J1昇格を果たすべく全力で戦ってまいりますので、引き続き、皆さまの熱いご声援をよろしくお願いいたします。

 書道家 祥洲先生作「2016シーズン・チームスローガン(デザインロゴ)」

 書道家 祥洲 先生(しょうしゅう)
祥洲 先生コメント
チームスローガン揮毫(きごう)のご依頼をいただいた時、言葉の意味は素晴らしいのですが、書くのは難しいと思いました。
「一」に始まり「一」に終わるとも言える書の基本である「一」。一画目の「ノ」から筆運びの流れが美しい「丸」。端正に書くのなら様々な表現法がありますが、それでは弱く見えるかもしれません。更に「よみがえる不死鳥」、ルビの「サンガ」も一体化させなければいけません。

〆切日が迫ってきたある日、ぱっとイメージが広がり、魂を込めて一発で書き上げたのが本作。「勝利」を目指して戦う男の集団としての強さを求め、墨が飛び散ることも気にせず、濃密でパワフルに。
また、中途半端に曲線は用いず、剛直な直線構成といたしました。
みんなが「一丸」となって、今年こそはなんとしてもJ2優勝、J1復帰が実現するようにと、願っています。

【プロフィール】
6歳から正式に書を学び、立命館大学在学中の19歳で書家活動を開始。伝統書のみならず独自の墨美表現により国内外で評価を得る。日中韓など五カ国共催「祥洲・先鋒墨美展」、小学校図画工作教科書「ゆめを広げて」収録、「伊勢神宮式年遷宮」「日光東照宮」奉納書、「メルセデス・ベンツ」「アディダス × EXILE」CM、「大河ドラマ/軍師官兵衛」題字等その活動は多岐にわたる。
墨翔会・墨集団翔Sho 代表。
☆(HP)祥洲の墨の世界 http://shoshu.jp


一覧へ戻る

バックナンバー

ページトップへ