ホーム > ニュース > インフォメーション

インフォメーション


中山博貴選手 引退セレモニー(2015年11月23日)
[2015.11.24]











2015年11月23日
中山博貴選手 引退セレモニー

まずはじめに、このような素晴らしいセレモニーを用意してくださったクラブ関係者の皆様、寒い中、最後まで残ってくださっているサポーターの皆さん、そして最高の形で勝利をプレゼントしてくれたチームメイトの皆さん、本当にありがとうございます。

今シーズンをもちまして、12年間の現役生活を終え、引退することを決意しました。

大好きなサッカーがしたい、まだまだやれるんじゃないかと悩みに悩みましたが、僕の右膝ばボロボロでした。

辛い時や苦しい時も多かったですが、でも、だからこそたくさんの人に支えられている事を感じる事ができ、たくさんの人に応援してもらっている事を感じる事ができました。
本当にありがとうございます。

小学校2年生の時に、初めてサッカーチームに入り、サッカーの楽しさを知り、初めてスパイクを買ってもらって、サッカーを通じてたくさんの仲間ができ、今プロ12年間の生活を終える最後まで戦う事のできる丈夫な身体をくれた両親にも感謝の気持ちを伝えさせてください。
本当にありがとう。

そして、一番近くで見守り、一番近くで支え続けてくれた嫁。家に帰るといつも笑わせてくれた娘。感謝しています。
本当にありがとう。

最後になりますが、京都サンガに誰にも負けない愛着を持ち、戦えた事を誇りに思っています。
京都サンガひと筋で、今日、今まで頑張ってこれたのも、一緒に戦ってくれた選手、スタッフ、サポーターの皆さん、裏方の皆さん、そして今まで僕と一緒に戦ってくれた全ての方々に感謝しています。

選手としては今日で最後となりますが、僕はこれからも京都サンガF.Cと共に、戦い続けていきたいと思います。

最高に幸せな12年間でした。
本当にありがとうございました。




一覧へ戻る

バックナンバー

ページトップへ