ホーム > ニュース > イベント情報

イベント情報


7/10(日)群馬戦 京都サンガF.C.×祥洲/墨翔会 「一筆入魂!書で願いを」七夕イベント実施のお知らせ
[2016.6.28]


7月10日(日)に行われる、2016明治安田生命J2リーグ第22節ザスパクサツ群馬戦(19:00キックオフ@西京極)におきまして七夕特別企画「一筆入魂!書で願いを」を開催いたします。

7月7 日(木)は願い事をする「七夕の日」ということで、群馬戦では2016チームスローガンロゴ「一丸」や2016イヤーブックの制作協力を頂いた書家・祥洲先生/墨翔会の全面協力のもと、「書」で一筆祈願するイベントを実施します。

皆さんの願いが叶いますように。ご来場お待ちしております。

 京都サンガF.C.×祥洲/墨翔会 「一筆入魂!書で願いを」七夕イベント実施

 企画協力

祥洲先生


6歳から正式に書を学び、立命館大学在学中の19歳で書家活動を開始。伝統書のみならず独自の墨美表現により国内外で評価を得る。日中韓など五カ国共催「祥洲・先鋒墨美展」、小学校図画工作教科書「ゆめを広げて」収録、「伊勢神宮式年遷宮」「日光東照宮」奉納書、「メルセデス・ベンツ」「アディダス × EXILE」CM、「大河ドラマ/軍師官兵衛」題字等その活動は多岐にわたる。2016京都サンガF.C.スローガンの書、イヤーブック制作協力など京都サンガF.C.とのコラボを続けている。墨翔会・墨集団翔Sho 代表。
祥洲の墨の世界 http://shoshu.jp

 イベント@ 書で願いを ゲーフラに一筆入魂!


毎年恒例の人気ゲーフライベント。プロの書家がゲーフラにご希望の言葉を代筆します。スタジアム場内であなたの熱い願いが込められた書ゲーフラを力強く掲げてください!

人数
約50名 *途中変更する可能性がございます。
時間 16:30〜17:30 
場所 スタジアム場外フレンズスクエア特設ブース
協力 HILOKI先生
1983 年生まれ。7歳から祥洲氏に師事。日本初・アジア初開催となる世界大会Red Bull X-FIGHTERS OSAKAの会場の筆文字を全て揮毫。京都サンガF.C.とのイベントコラボ、TVCM、映画、ライブパフォーマンス、店舗アートワーク等、多岐に渡り活 動を展開。2005年花園大学書道コース卒業。伝統から現代の書まで幅広く作風を展開。滴游会主幹。
☆HILOKIサイト http://www.hiloki.jp


福田匠吾先生

1987 年京都生まれ。書家祥洲を父に持ち、幼少より伝統的表現を基盤にした漢字・仮名・篆刻、そして現代美術まで幅広いジャンルを学ぶ。近年では、日本テレビ系 でゴールデンタイム放送特番にて書指導風景のテレビ放映や、JAPAN TEXTILE COLLECTION 2014?に書デザインで参加。その他、中国国際書法展 一席準大賞受賞、真言宗 正壽院寺号額・襖書・天井画揮毫、ライブパフォーマンス、商業ロゴなど。墨翔会 木津川教室 主幹
☆福田匠吾サイト http://f-shogo.jp

注意事項 ※ゲーフラは各自ご 用意の上、ご参加ください。
※墨汁で書くことができるゲーフラをご用意ください。
※事前にご希望の文字を決めてご参加ください。当日、 特設テント受付にて専用用紙にご希望の文字を書いて提出頂きます。
※対応できるゲーフラのサイズは縦100センチ×横100センチ前後が目安となります。
※ご希望の文字数が長い場合、対応できない場合もございます。
※墨が乾燥してからゲーフラをお渡しいたします。お渡しするまでお時間がかかる場合もござい ます。ご了承のうえ、ご参加ください。


 イベントA 書で願いを 短冊に一筆入魂!
筆で短冊に願い事をしたため、笹に飾りましょう。皆様からお預かりしました短冊は下鴨神社に奉納を予定しています。祥洲京都教室で指導助手も務める、五十棲 (いそずみ)先生と奥田先生によるワンポイントアドバイスもありますので、お子様も安心してご参加いただけます。
人数
約50名  *途中変更する可能性がございます。
時間 16:00〜17:30
場所 スタジアム場外フレンズスクエア特設ブース
笹ご提供

http://masami-garden.com/

協力 五十棲 環(いそずみ たまき)先生

7 歳より祥洲氏に師事。19歳でグループ展に参加し、本格的に活動を開始。国際展では大賞や準大賞など受賞多数。また2010年にはスペインでパフォーマン スや大学で講演をするなど、国内外問わず活動。近年は超極細線による抽象表現作品を発表、現代芸術としての書の可能性を追求している。今年度は京都サンガ F.C.の「2016イヤーブック」掲載選手の「マイ漢字」の書を担当。個展3回、グループ展多数。

奥田百恵先生

6 歳より祥洲氏に師事。2009年立命館大学文学部に入学。在学中に祥洲氏主幹のグループ展に初参加したのを機に、展覧会活動を開始。大学の書道部でも学内 外を問わず多数の展覧会やパフォーマンスを行う。伝統書を学び続ける中、2015年には初個展「1007イチゼロゼロナナ」(京都)を開催、その他グルー プ展にも度々参加している。2016年京都サンガF.C.のイヤーブックにて、選手が選ぶ「マイ漢字」の書を担当。



前後の記事

一覧へ戻る

バックナンバー

ページトップへ