ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


NEXT
HOME
GAME

J2 第31節

9/2(土)

18:00 @西京極

vs レノファ山口FC

明治安田生命 J2リーグ 第27節 vs アビスパ福岡
2017.8.11(金) 18:03 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 試合終了 アビスパ福岡
京都サンガF.C. 0 0 前半 0 1 アビスパ福岡
0 後半 1









得点者 [84分]ウェリントン
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
菅野 孝憲 1 GK スターティング
メンバー
GK 25 兼田 亜季重
本多 勇喜 6 DF DF 6 ウォン ドゥジェ
染谷 悠太 15 DF DF 36 岩下 敬輔
内田 恭兵 24 DF DF 14 冨安 健洋
下畠 翔吾 26 DF MF 3 駒野 友一
ハ ソンミン 8 MF MF 18 亀川 諒史
仙頭 啓矢 14 MF MF 7 三門 雄大
ケヴィン オリス 9 FW MF 33 山瀬 功治
エスクデロ 競飛王 10 FW FW 8 松田 力
岩崎 悠人 13 FW FW 29 ジウシーニョ
大黒 将志 31 FW FW 17 ウェリントン
清水 圭介 21 GK 控え選手 GK 31 山ノ井 拓己
田中 マルクス闘莉王 4 DF DF 19 堤 俊輔
麻田 将吾 25 DF DF 30 下坂 晃城
土屋 征夫 41 DF MF 10 城後 寿
田村 亮介 7 MF FW 11 坂田 大輔
伊東 俊 20 MF FW 16 石津 大介
イ ヨンジェ 16 FW FW 24 仲川 輝人
OUT IN 交代選手 IN OUT
内田 恭兵 土屋 征夫 77 64 仲川 輝人 松田 力
仙頭 啓矢 イ ヨンジェ 77 75 石津 大介 ジウシーニョ
大黒 将志 田中 マルクス闘莉王 82 81 城後 寿 山瀬 功治
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカード仙頭 啓矢[21分]
イエローカードケヴィン オリス[29分]
イエローカードハ ソンミン[63分]
イエローカード土屋 征夫[83分]
3 1 4 シュート 11 5 6 [67分]ジウシーニョイエローカード
[89分]ウェリントンイエローカード
0 2 2 CK 4 3 1
9 5 14 直接FK 13 6 7
1 1 2 間接FK 1 1 0
1 1 2 オフサイド 1 1 0
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
8,523人 晴/弱風
31.9℃
56%
全面良芝/乾燥
90分
主審 副審 副審
吉田 哲朗
清水 崇之
眞鍋 久大
ハーフタイムコメント
布部陽功 監督
・攻撃は前半同様に進めていくこと
・集中を切らさず、シンプルにプレーしていこう
井原正巳 監督
・セカンドボールをもっと拾うこと
・足元だけではなく、裏も狙っていこう
・我慢して、後半45分勝負しよう
試合終了後コメント
布部陽功 監督
最後まで応援してくれたファン、サポーターに勝利を届けたかったので、勝てなくて残念です。今日はハードワークと集中力を意識していこうということで臨みました。前半は福岡のリズムをうまく消していて、守備は非常に機能していたと思います。それに加えて、チャンスも作り出せていました。そこで決めていたら違う展開になったと思いますが、決めきれなかったことが最後まで響いてしまいました。
ハーフタイムは、悪くないのでこのまま集中力を持続していこうと話しました。後半も自分たちの守備が出来ていましたし、攻撃もチャンスを何度か作り出していました。しかし、やはり最後のところで決めきれなかったところを、逆に注意していた福岡のサイド攻撃から、失点してしまいました。流れが良くなくても決めきれるところが、今の順位を表しているのかなと思いました。ただ選手達も最後まで諦めずに戦ってくれたので、これで気を落とさずに、次に向けてまた準備していきたいと思います。

Q.久しぶりに仙頭選手がスタメンで出場しましたが、その狙いと評価を教えてください。
A.攻撃の場面でのパスとシュートを期待していました。2トップの高さやスピードをいかすような攻撃をしてほしいと考えていました。守備面ではチームで連動することが大事だと伝えました。彼は練習試合でもゴールを決めていますし、調子も良かったので起用しました。途中交代でしたが、それまでは本当にチームの為に戦ってくれたと思います。

Q.堅守を誇るアビスパにゴールできませんでしたが、何が足りなかったと思われますか?
A.質だと思います。シュートやクロス、そしてポジショニング。そういった細かい所の質だと思います。それは以前からの課題でしたし、逆に守備の面でも細かい質は課題なので、引き続きトレーニングしていきたいと思います。

Q.内田選手を交代した理由を教えてください。
A.内田は攻撃面でも守備面でも非常に良かったと思います。足を攣ってしまい疲れが見えたので、コンディションのいい選手と交代しました。
井原正巳 監督
今日もたくさんのサポーターが駆けつけてくれたので、勝利できて本当に良かったと思っています。試合の方ですが、京都には前線にパワフルでスピードのある選手がいて、その選手達をいかす戦い方をしてきたので、非常に苦労しました。セカンドボールなども拾えずに、かなり押し込まれてしまいました。久々に前半の入り方が悪いゲームになりました。
そのなかで失点をせずに戦えたのが大きかったかなと思います。後半はその悪い流れを断ち切って、徐々にペースを掴んでいくことができました。最後まで全員がハードワークをしていましたし、交代で入った選手も含めてゴールを目指したことが、最後のゴールに繋がったと思います。苦しいゲームでしたが、こういうゲームを経験することでチームにも勢いが出てくると思うので、この流れを切らさないように今後も続けていきたいと思います。

菅野 孝憲選手
菅野 孝憲
サイドの運動量や個人的な技術が積み重なって、こういう結果になったのかなと思っています。福岡は誰が出てきてもやり方はハッキリしていたし、変なミスがあってもイライラせずに次へ切り替えている。完成度の違いは今季2試合やった中で感じました。(失点シーンは、どうすれば防げたのか?)ニアの選手が正確なポジションをとって(相手のクロスを)前へはじいてくれればよかったけれど、そこの準備ですね。ポジショニングが遅くなったことで後手を踏んだり、下がってしまうことでこぼれ球が相手へ行ってしまう。「やられてない」「小さな差」と言うけれど、それは大きな差です。小さな差の積み重ねが、大きな差になる。一番早いのは個人が変わること。もっと危機感を持って毎日を過ごさないといけないと思っています。

仙頭 啓矢選手
仙頭 啓矢
久しぶりに出場した中で勝てなかったことが本当に悔しいです。その中で、自分のやるべきことは改めて感じることができました。今日はサイドハーフでしたが、得点につなげるというところで結果を出さないといけません。2トップには空中戦に強い選手がいるので、そのこぼれ球などをつめて得点を狙うことは続けていきたい。前半のセル君(エスクデロ競飛王)のクロスにあわせた場面のように、ああいうところには入っていきたいです。(攻撃の組み立てについて)今日はウッチー(内田恭兵)が高い位置を取って、僕がパスを出す場面も作れていました。そうして相手の守備を外すこと、チームとして下(地上戦)でも攻撃を仕掛けることも大事なのかなと感じています。

内田 恭兵選手
内田 恭兵
まず守備から意識して試合に入りました。最後まで身体を張ったり、守備は安定してできたと思います。ただ、後ろに重心が掛かったことで(攻撃の)スタートの位置が低くなってしまい、前との距離が離れていて連携がとりにくかった分、高い位置で関わる回数は少なかった。そこは、あまり納得いくプレーはできていません。もう少し流れの中でサイドハーフの選手と連携していきたい。そうすれば守備の負担も減るし、攻撃のクォリティーを上げていきたいです。(73分には菅野選手と共にピンチも防いだが)相手のシュートをヘディングでかき出すときに両足が攣ってしまいました。DFの選手としては恥ずかしい姿を見せてしまいました。自分としてはもう少しできると感じています。ずっと試合に絡んでいなかったのはあるけれど、そこは普段の練習や練習試合から、Jリーグの公式戦に負けないくらいの負荷をかけるとか、もっと意識して取り組んでいかないといけないと感じました。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ