ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


NEXT
HOME
GAME

J2 第21節

7/1(土)

18:00 @西京極

vs ザスパクサツ群馬

明治安田生命 J2リーグ 第19節 vs 湘南ベルマーレ
2017.6.17(土) 19:03 @Shonan BMW スタジアム平塚
京都サンガF.C. 試合終了 湘南ベルマーレ
京都サンガF.C. 0 0 前半 0 1 湘南ベルマーレ
0 後半 1









得点者 [90+1分]岡本 拓也
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
菅野 孝憲 1 GK スターティング
メンバー
GK 1 秋元 陽太
高橋 祐治 3 DF DF 36 岡本 拓也
本多 勇喜 6 DF DF 13 山根 視来
染谷 悠太 15 DF DF 4 アンドレ バイア
下畠 翔吾 26 DF DF 29 杉岡 大暉
石櫃 洋祐 30 DF MF 6 石川 俊輝
吉野 恭平 5 MF MF 5 秋野 央樹
小屋松 知哉 22 MF MF 8 山田 直輝
ケヴィン オリス 9 FW FW 17 端戸 仁
岩崎 悠人 13 FW FW 9 ジネイ
大黒 将志 31 FW FW 28 石原 広教
清水 圭介 21 GK 控え選手 GK 31 後藤 雅明
湯澤 聖人 2 DF DF 30 島村 毅
牟田 雄祐 17 DF MF 16 齊藤 未月
内田 恭兵 24 DF MF 24 奈良輪 雄太
伊東 俊 20 MF FW 7 神谷 優太
エスクデロ 競飛王 10 FW FW 11 藤田 祥史
イ ヨンジェ 16 FW FW 19 表原 玄太
OUT IN 交代選手 IN OUT
染谷 悠太 エスクデロ 競飛王 74 46 島村 毅 石原 広教
ケヴィン オリス イ ヨンジェ 81 70 表原 玄太 山田 直輝
下畠 翔吾 牟田 雄祐 84 82 藤田 祥史 ジネイ
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
3 5 8 シュート 7 5 2 [88分]岡本 拓也イエローカード
1 1 2 CK 2 0 2
2 7 9 直接FK 15 9 6
1 2 3 間接FK 4 4 0
1 2 3 オフサイド 2 2 0
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
9,050人 曇/弱風
21.6℃
71%
全面良芝/乾燥
90分
主審 副審 副審
荒木 友輔
岡野 宇広
勝又 弘樹
ハーフタイムコメント
布部陽功 監督
・ペナルティエリアへの侵入を多くしていこう。もっと仕掛けていくこと。
・サイドチェンジへの対応をしっかりしていこう。
゙貴裁 監督
・守備は慌てず対応しよう。
・リスクマネジメントをしっかりしよう。
・攻撃は大胆に、積極的に仕掛けていこう。
試合終了後コメント
布部陽功 監督
お疲れさまでした。まずは、ファン・サポーターの方が、湘南まで応援に来てくださったのにもかかわらず、勝利をお見せすることが出来なかったので、すごく残念です。試合は前半お互いにチャンスもあって、拮抗したゲームだったかなと思います。湘南さんのカウンターであったり、そういったところも、ピンチもありましたけど、抑えつつうまく前半はプレーできたという風に思っています。ハーフタイムに、中盤からディフェンスの背後を狙われていたというところで、そこをまず抑えようと。攻撃はチャンスも作れていたので、ただもう少しゴール前のシーンを作ろうというところで、送り出しました。後半は、同じ様にお互いにチャンスを作りながら、交代のカードも攻撃的な選手も入れて、前半同様チャンスをお互い作った中で、最後スローインからなんですけれど、ふと集中力が切れたのか、最後前節と同じ様にスローインからの失点なんですけれど、そこは本当にまたチームとして修正しなければいけないところだったと思います。4月15日愛媛戦から、勝って引き分けてっていうところを繰り返した中で、選手は本当にファイトして頑張っていたんで、今日負けましたけど、また次に向けてみんなで一つになって、取り組んでいきたいと思います。

Q.前半からかなり主導権を握って戦えていたと思いますが、湘南に対して特別に選手に指示していたことはありますか?
A.湘南の攻撃、ハードワークして後ろから湧き出てくるというところで、14節から3バックと4バックを併用した戦い方をしてきたので、そこの守り方ですね。まずしっかりしていこうということを選手に伝えました。守備をしっかりすると、湘南も前がかりに人数かけてくるので、その裏のスペースを使っていこうというところで、選手はうまく守れたと思いますし、自分たちの時間は作れたという風に思っています。
゙貴裁 監督
お疲れさまでした。世の中、本当にJ1がだいたいナイターで放送されるので、どのチームも結果が出て、そっちの方に当たり前ですけど、お客さんの興味が地元を中心に行くと思うんですけど。今日は、京都さんが11戦負けなしだったいうことも分かっていましたし、何故負けていないのかも理解していましたし、その中で、1点もし先取られても、2点3点取らないと厳しいなと思っていたんですけど、結果は1-0で劇的な感じで点を取りましたけど、今日は先にもし1点取られたとしても、同点、逆転3点目みたいな感じで、自分としてはそれだけ強い気持ちでというか、攻撃の姿勢を見せないと今の京都に勝つのは難しいと思っていたんで、そのことを本当に出た選手、今日残念ながらピッチに立てなかった選手もいますけども、しっかり理解して今週準備してくれたと思いますし、先週勝ちはしましたけど、ちょっと内容的に乏しいとこもあったので、切り替えて選手もよくやってくれたと思いますし、今年のJ2は本当に我々に対する対策とか、過去の我々の2014年勝ったことの残像と言うか、そのイメージの中で、我々の選手もすごく余計なプレッシャーを感じると思いますし、逆に相手から受けるそういうところも含めて、過去最高に乗り越えなければいけないハードルは高い、だけどその過去を知っている選手もまだまだ少ない中で、ギリギリの中で戦っていますけど、やっとそういう意味では、一つ抜けた戦い方が出来たなと、選手が自立してしっかりJ1に行くために何をしなければならないかということも含めて、相手のストロングを抑えながら自分達の良いところを出すことが僕の求めていることですけど、その手応えは今日非常にありました。あと前期は2試合になりますし、次は横浜FCさんとの試合ですし、その前に天皇杯の試合ありますけど、良い意味で一回リフレッシュさせて、次に向かわせなきゃいけないと思いますし、監督このチームで6年目になりますけど、毎回この場所でしゃべっていながらも、1日1日、1試合1試合が自分にとっては勉強だなっていう気持ちになっているんで、もっと勉強しないといけないなという風にいつも思っているし、今も思っている感じです。今日はサポーターの皆さんに、本当におめでとうございますと言いたいです。

エスクデロ 競飛王選手
エスクデロ 競飛王
(久々の出場でしたが?)やっぱり楽しいですね。本当に5年くらい、こんなに長いケガをしていなかった。ピッチから離れて本当に週末試合がないというのは辛かったし、悔しかった。今日チームが負けたことはすごく残念。ただ、痛みがなくサッカーができたのは2月以来くらいだった。すごく自分の中では大きな一歩だった。ここからちゃんとチームの力になれるように良い準備をしていきたい。今日はボランチだったけど監督がどこで使うかも関係なく、与えられたポジションで全力でやっていきたい。どのポジションでも勝負してスタメンで出られるようにしていきたい。

岩崎 悠人選手
岩崎 悠人
今日は自分たちの時間もあった中で、最後良い形でフィニッシュすることができなかった。ああやって最後の残りロスタイムに入ったところでやられてしまった。今までもロスタイムにやられることが多かった。その詰めの甘さがまだまだあるなというのを感じました。(もっと決定機を作っていかなければいけない?)今日はクロスを沢山上げるということを意識して入ったけど、あまり上げることができなかった。そういうチャンスをもっと作ってチャンスメイクしていかないといけないなと感じました。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ