ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


NEXT
HOME
GAME

J2 第26節

8/5(土)

18:00 @西京極

vs ファジアーノ岡山

明治安田生命 J2リーグ 第6節 vs ジェフユナイテッド千葉
2017.4.1(土) 14:03 @フクダ電子アリーナ
京都サンガF.C. 試合終了 ジェフユナイテッド千葉
京都サンガF.C. 2 1 前半 1 2 ジェフユナイテッド千葉
1 後半 1









小屋松 知哉[24分]
仙頭 啓矢[60分]
得点者 [8分]清武 功暉
[90+1分]近藤 直也
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
菅野 孝憲 1 GK スターティング
メンバー
GK 23 佐藤 優也
高橋 祐治 3 DF DF 20 若狭 大志
本多 勇喜 6 DF DF 3 近藤 直也
染谷 悠太 15 DF DF 37 キム ボムヨン
湯澤 聖人 2 MF DF 4 北爪 健吾
仙頭 啓矢 14 MF DF 25 比嘉 祐介
望月 嶺臣 18 MF MF 15 熊谷 アンドリュー
石櫃 洋祐 30 MF MF 6 山本 真希
イ ヨンジェ 16 FW MF 32 高橋 壱晟
大野 耀平 19 FW FW 9 ラリベイ
小屋松 知哉 22 FW FW 8 清武 功暉
清水 圭介 21 GK 控え選手 GK 29 山本 海人
牟田 雄祐 17 DF DF 5 多々良 敦斗
内田 恭兵 24 DF DF 30 溝渕 雄志
下畠 翔吾 26 DF MF 22 羽生 直剛
田村 亮介 7 MF MF 14 アランダ
岩崎 悠人 13 FW MF 21 ホルヘ サリーナス
大黒 将志 31 FW FW 11 船山 貴之
OUT IN 交代選手 IN OUT
大野 耀平 岩崎 悠人 72 62 船山 貴之 若狭 大志
小屋松 知哉 田村 亮介 87 71 ホルヘ サリーナス 山本 真希
77 羽生 直剛 比嘉 祐介
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
8 4 12 シュート 13 8 5 [85分]熊谷 アンドリューイエローカード
1 4 5 CK 11 7 4
3 4 7 直接FK 14 5 9
2 0 2 間接FK 12 3 9
2 0 2 オフサイド 12 3 9
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
7,716人 雨のち曇/弱風
8.5℃
64%
全面良芝/水含み
90分
主審 副審 副審
松尾 一
田中 利幸
中野 卓
ハーフタイムコメント
布部陽功 監督
・前線からのプレスを継続していこう。
・ボランチのバランスを気を付けること。
・攻撃ではダイレクトプレーを続けていこう。
試合終了後コメント
布部陽功 監督
本当にタフで難しいゲームでした。そして最後の終わらせ方に課題が残ったゲームでした。前半の入り方が悪くて、いきなり失点してしまったことで、全体的にラインが引いてしまい、我々がやろうとしていたコンパクトなサッカーが出来ませんでした。しかし、そこから踏ん張って、今週の練習で取り組んでいたコンパクトなサッカーを取り戻してリズムを掴みました。ただ、ボールを奪ってからの繋ぎが上手くいかずに相手のカウンターを受けて、全体的に前半は相手のリズムだったと思います。ハーフタイムには、パスミスからのカウンターを受けていたことと、あとは守備のラインや前線からの守備は上手くいっていたので、それは継続していこうと伝えました。後半は相手のミスを誘って何度かチャンスを掴んだのですが、そこで決めきれなかったので流れが悪くなるかと思ったのですが、上手く仙頭が決めてくれました。最後の終わらせ方を交代カードも含めて悩んだのですが、ボランチの吉野が体調不良で不在だったので、前線で守備が出来る田村を送り込んで締めようと思ったんですけども、結局やられてしまい、課題が残る試合となりました。

Q.攻撃のビルドアップのところで、ワイドに高い位置に選手を配置していたが、それは千葉対策なのか、それともずっと取り組んでいることなのでしょうか。
A.どちらでもあるのですが、今日の試合に関しては、千葉のディフェンスラインが高いというところで、タイミングを合わせて背後を取っていこうと選手たちに伝えました。前線の選手が高い位置で張ることが多かったのはその為だと思います。
フアン エスナイデル 監督
一つの試合の中で色んなことが起きました。そして試合の大部分は満足いく内容でしたが、満足いかない部分もありました。試合の結論を一言で表すと、「己が敵」ということでしょう。というのは、相手のプレスが掛かってないときでもパスミスをして自分たちから自滅していました。落ち着いてプレーすれば勝てるチャンスは十分にありました。チームの内容が良くない時間帯もありましたが、選手たちの勝ちたいという強い気持ちが、最後に引き分けに持ち込めた要因だと思います。

仙頭 啓矢選手
仙頭 啓矢
(ゴールシーンについて)今日は最初からミドルシュートを意識していましたし、キーパーが出ていたのが見えたので、狙って蹴りました。ゴールをとって結果を残せるというのは嬉しい事ですが、ただやっぱりチームが勝てていないので、勝ちにつなげられるゴールを決められるようになりたいです。(今は)得点も取れていますし、失点のところとチームのやりたいところをチームで確認してやっていけば、結果はついてくると思いますし、今日は引き分けでしたけど、しっかり次につなげられるゲームになったと思います。

小屋松 知哉選手
小屋松 知哉
勝てなかったことが一番悔しいですし、4連敗を避けられたことは良かったですけど、あれだけ後ろの選手が頑張ってくれている中で、僕たち前の選手がチャンスを決められたら、もっと楽な試合になったし、申し訳なく思っています。(サンガ初ゴールですが)少し遅いですけど、これからこの1点を無駄にしないよう、次に向けてもっと準備をしていきたいと思います。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ