ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


NEXT
HOME
GAME

J2 第39節

10/28(土)

15:00 @西京極

vs 横浜FC

Jリーグ ディビジョン2 第39節 vs ファジアーノ岡山
2014.11.1(土) 13:04 @kankoスタジアム
京都サンガF.C. 試合終了 ファジアーノ岡山
京都サンガF.C. 3 1 前半 2 2 ファジアーノ岡山
2 後半 0









福村 貴幸[8分]
大黒 将志[89分]
大黒 将志[90+2分]
得点者 [15分]田所 諒
[33分]押谷 祐樹
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
オ スンフン 21 GK スターティング
メンバー
GK 1 中林 洋次
石櫃 洋祐 30 DF DF 19 久木田 紳吾
内野 貴志 4 DF DF 6 竹田 忠嗣
バヤリッツァ 20 DF DF 3 後藤 圭太
福村 貴幸 16 DF MF 2 澤口 雅彦
田中 英雄 38 MF MF 10 千明 聖典
駒井 善成 7 MF MF 50 上田 康太
山瀬 功治 14 MF MF 25 田所 諒
工藤 浩平 10 MF FW 16 関戸 健二
ドウグラス 11 MF FW 14 押谷 祐樹
大黒 将志 31 FW FW 30 清水 慎太郎
杉本 大地 29 GK 控え選手 GK 22 椎名 一馬
横谷 繁 8 MF DF 4 近藤 徹志
石田 雅俊 18 MF MF 7 仙石 廉
磐瀬 剛 22 MF MF 26 田中 奏一
伊藤 優汰 25 MF FW 13 久保 裕一
三平 和司 9 FW FW 20 妹尾 隆佑
三根 和起 28 FW FW 32 片山 瑛一
OUT IN 交代選手 IN OUT
田中 英雄 伊藤 優汰 53 59 片山 瑛一 関戸 健二
山瀬 功治 三平 和司 56 72 久保 裕一 押谷 祐樹
福村 貴幸 横谷 繁 80 83 妹尾 隆佑 清水 慎太郎
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
6 6 12 シュート 10 4 6
3 7 10 CK 4 2 2
11 直接FK 10
5 間接FK 1
3 1 4 オフサイド 1 0 1
0 PK 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
7,032人 曇/無風
19.5℃
89%
全面良芝/水含み
90分
主審 副審 副審
吉田 寿光
岡野 宇広
村井 良輔
ハーフタイムコメント
川勝 良一 監督
・ボランチはお互いのポジションをもっと意識するように。

・クリアが中途半端だ。ハッキリすること。

・自分の持っている力をすべて出し切ろう!
影山 雅永 監督
・中盤の2ndボールの拾いあいに後手を踏まず、後半開始からもう一度厳しい守備を始めること。

・次の1点が勝負を分ける。チャンスをシュートで終えるよう、シンプルかつ勇気を持って攻撃を行うこと。
試合終了後コメント
川勝 良一 監督
立ち上がりにいい入り方をして、点も取れましたが、そのあとはパス回しのテンポが遅れて相手を助けてしまいました。前半は動きが小さかったですし、ボランチも攻守に動いていたのでなかなか厚みができなかった。(ボランチは)マイボールになったらもっと出ていって、工藤と絡まないと。その時間がないと3バックの外を飛び出す選手を使いにくくなってしまう。

伊藤にはサイドで勝負して、コーナーをとってほしいと言っていましたが、それをやってくれたと思います。三平もサイドから、もしくは中に入ってよくやってくれていました。その積み重ねもあって、最後に大黒がストライカ―としての嗅覚で独特なポジションをとり、相手の一番嫌な所で2回とも勝負を決めるような点をとってくれました。

前節は残り2分で追いつかれて大事な勝点を減らしている。その逆で、今日は何があっても最後まで諦めないということをよくやってくれました。同点だけじゃなく、ひっくり返すところまで集中できていたし、この勢いを大事にしたいと思います。

Q、横谷選手の投入の狙いは?
横谷か石田を入れるという選択肢がありましたが、(横谷は)控え選手の中ではミドルを打つとか、パワーとか、みんながバタバタしていても一回落ち着いてボールを散らすことができる。コウヘイ(工藤選手)をもう少し前でプレーさせて、他の崩しが欲しかったという思いもありました。

Q、オスンフン選手起用の理由は?
モチベーションとコンディションが戻ってきているように感じたので、使いました。

Q、前半の失点については?
2回ともクリアが小さくて相手に拾われました。いい形で久しぶりに先取点を取ったが、そのあとにダウンして相手の勢いに押されるようになった上に、DFで中途半端な対応がありました。相手が縦に早く出てきたこともあり、崩されていないのに、それをより助けるチャンスを自分たちから与えてしまっていたので、そこはハーフタイムにも注意しました。クリアは大きくするか、断ち切るか。リスクより安全性を優先してくれと言いました。後半は、そこはだいぶマシになったが、次はそういうことはできない。

Q、今日の試合の勝点3の価値は?また、今後の試合にどうつなげていくか?
勝点3か0しかないと思っています。引き分けは考えていない。今日も最後はほぼ5トップ気味でポジションをとらせて、後ろ2枚プラスボランチでやっていました。今後もそこを徹底し、先制していいリズムのときにも統一感をもってやりたいし、きれいなサッカーよりも勝てるサッカーをもう一回すり合わせてやっていきたい。とにかく残り試合は勝つしかない。
影山 雅永 監督
京都にとっても我々にとっても非常に大事な試合だったということは理解して臨んだつもりです。選手たちは非常によく戦ってくれたと思います。ある意味、一度逆転はしましたが、そこから突き放せなかった。そして、隙を逃さずに決めるストライカーが向こうにはいた。終盤戦の苦しかったところが出てしまったかなという思いです。特に最後の2つのゴール。CKからですが、一度跳ね返し、折り返したものを失点する。これは、今までも何度かあって、トレーニングで修正をしてきたが、なかなかそこを止めることができなかったのはトレーニング不足だと理解しています。このまま終わるのは非常に悔しいですし、可能性がちょっとでもあるのなら、最後まで戦う。そのスタンスをもってやっていきます。選手も私も非常に悔しくて、いまは立ち上がるのがやっとです。ただ、サッカー人生、このまま終わったら一生悔いを残す。可能性が他力でもあるのなら、最後まで絶対に戦うぞと選手たちと顏を上げてきたところです。チャンスがあるのなら、すべてを尽くす「人事を尽くして天命を待つ」残り3ゲームにしたいと思っています。

Q、前節に続いて終盤での失点だが、勝ちきれない原因は?
それがわかっているのならそのようにします。それが力なのかもしれない。リードしながら、もしくは引き分けで終盤を迎えるが、ここのところ、終盤戦にきてそれを守りきれなくなっている。そこからさらに突き放せないでいる。もっともっと鍛え上げなければならない、力不足と言わざるをえないところかなと思います。

Q、気を付けるべき相手(大黒選手)に取られたが?
取るべき人間が決めたというところだと思います。彼に対して我々は細心の注意を払ってコミュニケーションを密にしてやってきました。フリーにさせることもなかったですし、シュートを打たれても体を寄せていました。ただ、そういう状態を保っていながら、ほんの一瞬の隙を彼は逃さなかった。我々が集中を怠ったとか、気を許したわけではない。

Q、逆に、それまではいい戦いをしていたが?
アディショナルタイムを入れて、92分間すばらしい戦いをしても残りの1分でやられてしまうのが、サッカーの怖いところです。戦う気持ちを出して京都の選手を上回るところを出してくれましたが、93分間トータルでは及ばなかったというところだと思います。

大黒 将志選手
大黒 将志
勝てたことが一番よかったです。チャンスが来ると思って最後まで諦めずにみんなでやっていましたし、ゴールを取れたのはみんなのおかげです。残り3試合を全部勝って、あとは結果を待つ。もう開き直ってやるしかないし、周囲のことは考えずに、勝点を積み上げることだけに集中したい。勝ち続ければ何かが起こると信じて、最後まで諦めずにやっていきたいです。

山瀬 功治選手
山瀬 功治
(前半の)入りはいいタイミングで点を取れたし、悪くなかったと思います。勝点を重ねていくしかない中で今日は絶対に勝点3が必要でした。1試合として見れば修正しないといけない課題も多い試合でしたけど、勝てたことが一番重要です。ただ、ポンポンと2点入れられたのはもったいなかった。点を取られたあとも慌てる必要はなかったが、ちょっとバタバタしてしまった感じはあったと思います。

工藤 浩平選手
工藤 浩平
勝点3が必要な状況だったので、最後ギリギリでしたけど勝ててよかったです。僕らは追いかける立場なので、勝点3を取りながら上位に圧力をかけていかないといけない。最後はどうやって点を取るかだけを考えていました。逆転できたのは大きいと思いますし、諦めない姿勢が最後のああいう形につながったと思います。チャンスがある限りは最後までしっかりプレーしたいと思います。

田中 英雄選手
田中 英雄
今日は内容より結果が重要だったので、今日の勝利は本当に嬉しかったです。ただ、先制点をしっかり取れましたが、そこから逆転されたのは問題があったと思います。リードしたまま前半を終わりたかったですし、個人の出来にも納得いってないですが、今はそういうことを言っている場合ではない。とにかくチームのために、昇格のためにしっかりとやっていきたい。しっかり今日の勝ちを噛みしめて、またオフ明けから富山戦に向かっていきたい。

内野 貴志選手
内野 貴志
前半の早い時間帯に点を取って押し込めたと思いますが、そのあとに引いた形になってしまい、ミスから失点してしまいました。最終的に勝てましたが、もっと楽に試合を運べていたかもしれないという思いがあります。最後にはいつか点が入ると信じて、とにかくこれ以上失点だけはしないようにという思いで最後は守っていました。チームとして連勝がまだないので、この先は勝ち続けるしかない。それに向けてまた1週間頑張っていきたいと思います。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ