ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


Jリーグ ディビジョン2 第10節 vs 大分トリニータ
2012.4.27(金) 19:04 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 試合終了 大分トリニータ
京都サンガF.C. 1 0 前半 2 2 大分トリニータ
1 後半 0









原 一樹[64分]
得点者 [10分]高松 大樹
[12分]三平 和司
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
水谷 雄一 1 GK スターティング
メンバー
GK 1 清水 圭介
安藤 淳 8 DF DF 4 作田 裕次
秋本 倫孝 4 DF DF 3 阪田 章裕
染谷 悠太 3 DF DF 17 石神 直哉
福村 貴幸 16 DF MF 9 三平 和司
チョン ウヨン 7 MF MF 32 宮沢 正史
中村 充孝 23 MF MF 18 イ ドンミョン
工藤 浩平 10 MF MF 28 為田 大貴
中山 博貴 15 MF FW 7 小手川 宏基
宮吉 拓実 13 FW FW 20 森島 康仁
原 一樹 11 FW FW 13 高松 大樹
児玉 剛 30 GK 控え選手 GK 21 丹野 研太
黄 大城 6 DF DF 16 安川 有
倉貫 一毅 18 MF DF 19 キム チャンフン
駒井 善成 22 MF MF 2 藤川 祐司
伊藤 優汰 25 MF MF 15 永芳 卓磨
長沢 駿 14 FW FW 24 木島 悠
久保 裕也 31 FW
OUT IN 交代選手 IN OUT
宮吉 拓実 久保 裕也 76 67 木島 悠 小手川 宏基
78 安川 有 高松 大樹
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカード中村 充孝[9分]
6 7 13 シュート 6 3 3
6 5 11 CK 1 1 0
17 直接FK 11
1 間接FK 4
1 0 1 オフサイド 4 2 2
0 PK 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
5,021人 晴れ/弱風
16℃
29%
全面良芝/乾燥
90分
主審 副審 副審
窪田 陽輔
平野 伸一
田中 利幸
ハーフタイムコメント
大木 武監督
・内容は悪くない。自信を持っていこう。

・チャンスは作れている。3点とりにいくぞ!

・後半のスタートが大事だ。
田坂 和昭監督
・もっと切り替えを早くしよう。

・サポートを早くして、逆のサイドをもっと効果的に使っていこう。

・3点目をとりにいこう。
試合終了後コメント
大木 武監督
10試合やって、2失点のゲームがこれで5試合。勝てたのは1試合だけです。3点とるのは難しいのかもしれないです。ゲーム開始10分で2点とられてしまいました。攻めにいきましたが、1点しかとれなかった。ある意味、完敗かもしれません。でもゲームは続きます。しっかり準備したいです。

Q,試合内容の評価は?
皆さんが思ったとおりでいいと思います。私のほうからは言うことはないですね。負けという結果だけです。

Q、セットプレーで失点したが、逆にセットプレーでとれなかったのが課題では?
そのとおりだと思います。2点とられて、1点もとれなかったというのが結果です。

Q、追いかける展開のなか、交代カードを1枚にした意図は?
これで一番点がとれるかなと思いました。

Q、逆に言うと代えても変わらなかったということですか?
はい。

Q、粘りの守備が出し切れなかった原因は?
前半のセットプレーで2点決められてしまったというのが全てです。それを粘りがないといわれればそれまでです。カウンターで何本か攻められましたが、それ以外はそんなに攻められたという感じではない。もしかしたら、粘り強いといえるかもしれません。それをどう感じるか、どうしていくかだと思います。
田坂 和昭監督
まず選手たちに今日の試合前に、10節の節目の試合で、先頭集団から外れないために勝点3をとらなければいけないと言いました。厳しい状況だということはわかっていて、京都さんはスキルが高いし、ポゼッションも技術も得点感覚も脅威だが、自分たちのサッカーをして勝とうじゃないかと。全員で守って全員で攻撃するという自分たちのサッカーには、特に攻撃面でほど遠かった。立ち上がりこそいい時間帯で点が入ったが、後半は終始支配される展開だった。良かったのは1点目をとられた後、慌てなかったこと。慌てずスキをみて攻撃できたところは評価できます。

Q,今後の目標は?
欲を言えば限りなく上にいたほうがいいが、自分たちのやるべきサッカーができた試合もあれば、今日のように自分たちのサッカーができなくても勝てることもある。自分たちのサッカーを追求して、勝ちにもっていって、最終的にはJ1昇格に向けて質を高めて、プロセスを大事にやっていかないといけないと思います。

中山 博貴選手
中山 博貴
2点立て続けて失点するという嫌な展開でした。でも、自分たちがやろうとしているサッカーはできていたので、1点しか返せず残念です。相手ゴール近くまでは(ボールを)運べているので、もっとシュートを打っていかないといけないと感じています。あとセットプレーから得点がとれれば大きいかなと思います。

染谷 悠太選手
染谷 悠太
2失点してしまうと、当然ですが3点とりにいかないといけない。だから前に枚数をかけていくし、大分は攻め残りの選手がいたので、ボールを奪われてカウンターを食らう場面が結構あった。ハーフタイムでは、みんな気持ちを切り替えて、逆転するぞという雰囲気はあったので、追いつけず残念です。

中村 充孝選手
中村 充孝
3バックだろうが、4バックだろうが、スペースはできるので、あまり相手のフォーメーションは関係なかった。それよりも繋ぎの部分で簡単なミスが出て、攻撃のリズムが出なかった。ミヤ(宮吉選手)や原君は良い動きをするので、もっと良いパスを出せるように、練習から突き詰めて、精度を上げていきたいです。

原 一樹選手
原 一樹
点をとれたことはよかったですけど、ホームではこれまで全部勝っていましたし、勝たないと意味がない。ただ、やっているサッカーは悪くないですし、これからもしっかりと自分たちのサッカーを表現していきたい。とにかく自分のゴールも大事ですけど、チームが勝つことが何より大前提なので、もっともっと勝利につながる点を狙っていきたいと思います。

工藤 浩平選手
工藤 浩平
勝てない試合が続いて、正直悔しいですけど、気持ちを切り替えてやるしかない。セットプレーから(点が)とれたら、楽になるとみんなで話していたんですけど、最後までとれなかった。最後のところで崩せていないので、個人で崩すのか、チームで崩すのか、どちらもやっていかないといけないと思います。


ページトップへ