ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


公式戦全試合でLIVEテキスト速報!

明治安田生命 J2リーグ 第11節 vs 清水エスパルス
2016.5.3(火) 15:04 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 試合終了 清水エスパルス
京都サンガF.C. 2 0 前半 0 1 清水エスパルス
2 後半 1









山瀬 功治[63分]
有田 光希[68分]
得点者 [90+1分]北川 航也
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
菅野 孝憲 1 GK スターティング
メンバー
GK 13 杉山 力裕
菅沼 駿哉 2 DF DF 24 川口 尚紀
本多 勇喜 6 DF DF 3 犬飼 智也
下畠 翔吾 26 DF DF 2 三浦 弦太
石櫃 洋祐 30 DF DF 38 福村 貴幸
アンドレイ 8 MF MF 16 六平 光成
堀米 勇輝 11 MF MF 7 本田 拓也
山瀬 功治 14 MF MF 11 村田 和哉
ダニエル ロビーニョ 9 FW MF 10 大前 元紀
エスクデロ 競飛王 10 FW MF 17 河井 陽介
イ ヨンジェ 16 FW FW 9 鄭 大世
清水 圭介 21 GK 控え選手 GK 21 碓井 健平
齊藤 隆成 28 DF DF 15 ビョン ジュンボン
岩沼 俊介 5 MF MF 8 石毛 秀樹
國領 一平 25 MF MF 20 竹内 涼
田村 亮介 7 FW MF 22 枝村 匠馬
有田 光希 17 FW MF 39 白崎 凌兵
沼 大希 29 FW FW 23 北川 航也
OUT IN 交代選手 IN OUT
ダニエル ロビーニョ 有田 光希 41 46 ビョン ジュンボン 三浦 弦太
エスクデロ 競飛王 國領 一平 78 73 白崎 凌兵 鄭 大世
堀米 勇輝 岩沼 俊介 90+4 81 北川 航也 六平 光成
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカードエスクデロ 競飛王[22分]
2 5 7 シュート 10 4 6
1 2 3 CK 14 6 8
4 5 9 直接FK 13 8 5
1 0 1 間接FK 1 0 1
1 0 1 オフサイド 1 0 1
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
8,140人 曇/中風
24.7℃
41%
全面良芝/乾燥
90分
主審 副審 副審
野田 祐樹
大西 保
村井 良輔
ハーフタイムコメント
石丸清隆 監督
・セカンドボールに対する見方との距離をもう少しコンパクトに。
・バイアルスペースのケア。
・攻撃は焦らず、相手をしっかり見て。
小林伸二 監督
・相手のカウンターに気をつけること。
・後半、風下になる。しっかり頭に入れていくこと。
・立ち上がり、集中して入っていこう。
試合終了後コメント
石丸清隆 監督
連戦の中、選手の頑張りもそうなんですが、前節のセレッソ大阪とのゲームからサポーターがすごくいい雰囲気で応援をしてくれているというのもありますし、今日もホームでいい後押しをしてくれたので、選手が本当にいいパフォーマンスをしてくれたと思います。選手にもそうですが、サポーターにも感謝したいと思います。
前半、警告の累積による出場停止の影響で山瀬が慣れない中盤のポジションに入ることになり、バイタルエリアで大前選手を捕まえきれない状況がかなり続きました。難しい状況でしたが前半は耐えしのいでくれました。ハーフタイムに修正した結果、後半はいいバランスが取れたと思います。うまくセットプレーで点を取れましたし、カウンターからもう1点取ることができました。ただ、ラストの失点は反省しなければいけない部分ですし、まだ全体的にボールを動かす時のポジションバランスが少し悪い。今日も右サイドとボランチの間隔が悪いというイメージがありました。そこをうまくみんなが見つけられるようにしていけば、もう少しゲームが収まっただろうと感じています。次は相手によってかなり変わる部分があると思いますが、また中3日間でいい準備をして、この勢いを続けたいと思います。

Q.ハーフタイムの指示について具体的に教えてください。
A.堀米とセル(エスクデロ選手)のポジショニングとアプローチの仕方について指示を出しました。サイドハーフの選手とボランチの選手の距離感が結構遠かったので、セカンドボールが拾えないのと、ボランチの守備範囲がかなり広くなってしまっていました。そこをコンパクトにしながらやっていけば、なんとか収まるイメージがあったので、堀米とセルのポジションをアンドレイと山瀬に近づけるよう話をしました。それと、山瀬が大前選手を意識しながらポジションを取っていくともう少し消せることがいっぱいあったのですが、慣れていないせいかボールに食いつかされている感がありました。大前が入って来た所にアプローチをかける際、センターバックとうまく連動せず、少し苦しかったところがありましたが、後半はうまく対応できるようになりました。それがさらにセカンドボールが拾えるようになったことにもつながったと思います。

Q.最後の交代カードとして岩沼選手を投入した理由を教えてください。
A.清水さんが最後に右ワイドの村田選手をかなり意識しているようだったので、それを本多がある程度ケアする形をとっていました。守備に関してオールラウンドに対応できるのがサンガの中ではシュンスケ(岩沼選手)なので、選手たちへの(ケアすべき部分の)メッセージも込めて入れました。2-0の時は違う選手を用意していて、その選手には申し訳ないのですが、チームが勝つためにこのカードを切りました。

Q.清水の右サイドからのクロスが多い中、本多選手の頑張りは非常に良かったと思うのですが、改めて評価をお聞かせください。
A.まず、一対一ではかなり強いと思います。そして(相手右サイドの)村田選手はかなり速いので恐さがありましたが、縦を切るのか、中へ持っていくのかという判断は本多にある程度委ねていた中、90分間切れずによくやってくれました。また、攻撃面でも今まで以上に前に出るシーンが徐々に増えているので、コンディション的に良くなっているのだと思います。そうなればチーム的には戦術的にも幅ができるので、これからいろんなことに取り組めると思います。本多だけでなく、山瀬のボランチ起用もそうですが、いろんな選手がいろんなポジションができるようになっていくと、もう少しチームはうまく前進していくと思います。

Q.いつもは前に出て行くことが多いアンドレイ選手が、今日はいつもよりバランスを意識していたように見えましたが、それは監督からの要求だったのですか?
A.多少ですが前に行く頻度を抑えるよう話はしました。それは(山瀬だけでなく)セルやビツ(石櫃選手)との関係性やリスク管理、あとポジションが窮屈そうにプレーしているように見えたので、もう少し整理しなければいけないと思います。ただチャンスがあれば前のスペースに出ていくべき。でも今はまだ「こういうポジションを取ってほしい」と言えば、そこにしか行けないようになってしまうので、相手が流動的に対応したらこちらも別のポジションをみつけるようになって欲しい。ただ、今日に関しては山瀬の慣れないポジションをお互いにうまくカバーしていたと思います。これから彼の運動量はチームとしてもっと生かしたいところですし、ゲームの流れによっては今日のようなバランス重視もいいと思います。

Q.セレッソ大阪、清水エスパルスと上位チームに連勝した手応えは?
A.内容はまだまだな部分もありますが、勝って修正していくと選手もポジティブに捉えてくれるので、やはりチームとしては勝つことがかなり大事なこと。(今回連勝したことで)すべて徐々に好転していくと思っています。
小林伸二 監督
前半のチャンスをものにできなかったのが大きかったと思います。どっちかと言えばある程度攻めているんですが、決定的場面をたくさんつくれなかった。中でもそういうチャンスをものにできなかった。反面、ミスパスからコーナーキックを取られての1点目と、2点目のカウンターというところでは、不甲斐ない失点だったと思います。最後は頑張ってくれて点を取ったのですが、あと少し時間が足りませんでした。今日はいい形でゲームを運んでいた中で点を取ることができなかったということと、守備の甘さ、もろさが出てしまったなという気がします。

菅野 孝憲選手
菅野 孝憲
体力的な疲労もあって体は重く、前半は引いて守る時間帯が続いてしまった。集中して耐えるしかなかったけど無失点で終えられてよかったと思う。もう少しフレッシュな状態で試合に臨みたかったですけど、現在のコンディションでできる限りのことはできた結果ですね。できるだけボールに近づいて、全体的にもラインを上げていこうという話をハーフタイムにしていたので後半は落ち着いて入れましたけど、攻撃に割く時間が少ないし、ボールをすぐに失ってしまう場面もあったし、カウンターの質ももっと上げられたのではと感じている。勝負はちょっとしたことでどちらに転ぶか分からないので反省はしたいですけど、まぁ勝って反省できることが何よりもポジティブですね。個人個人が試合を重ねるごとにいろんな経験を得て、練習でも意識を高く持って日々、一歩一歩前進しているし、いい意味で競争も激しくなってきていることがようやく結果に表れてきているんだと思う。でも結果が良かったからと言って、次の試合も必ずメンバーに入れる訳じゃなく、連戦ということもあってやっぱり、コンディションが一番いい選手を最優先に、そして「戦える」こと。この二つが最低限整っている人しかピッチに立つ資格はないと思うので勘違いしないようにしたい。まだ僕たちは何もつかんでいません。僕たちはあくまでも昇格を目指しているんで、一試合や二試合勝ったぐらいでテンションが上がってしまうような、子供じみた考えしかできないような選手はこのチームに一人もいないわけだから、僕たちは来年、J1で戦うために今を過ごしているということを再確認して、連勝している今だからこそもう一度、チーム全員が気を引き締めることができるかどうかは大事なことだと思っている。僕たちはまだ下位のチーム。挑戦者だということを忘れてはいけない。次の試合にどれだけベストな状態で挑めるか、ベストな選手だけが試合に出る。また明日から競争の始まりです。負けても勝っても、そういったシンプルなことの繰り返しなんです。これがチームとしての正しい競争の形だと思っている。

菅沼 駿哉選手
菅沼 駿哉
前半はいい形が作れずに守備に追われる場面が多かったけど、がまんして後半につなげようとみんなで声を掛け合っていた。ホームなんでもう少し主導権をもって試合を作れたらよかったと思うし、最後の失点は本当にもったいない。次の試合に向けてチームとしての勢いを削がれかねないミスだったと思う。もう一度みんなで修正していく必要がある。(C大阪、清水、千葉の)3連戦は、昇格を果たす上で落とせないところだとみんなが感じていたことなので、2連勝できたことは大きいし、3連勝を決めたいという欲が高まっている。千葉戦を終えると二日間のオフに入れるので、みんなで全力を出し切りたい。

エスクデロ 競飛王選手
エスクデロ 競飛王
攻守の切り替えを早くすること等いろいろ考えながら、チームを勝たせるプレーを一番に意識していましたが思うように動けなかった。でも最終的にチームが勝てたことが何よりもうれしいし、自分の評価は二の次だと思っている。チームが一丸になってきていることは試合を重ねるたびに感じているし、一人一人が責任をもって最後まであきらめないでプレーすることが、これからももっと大切になってくると思う。

山瀬 功治選手
山瀬 功治
前半からディフェンスラインの4人が体を張って耐えてくれていたので、そこで失点しなかったことがまずは良かったと思う。がんばって耐えてくれていたからこそチャンスを呼び込んだんだと思うし、そういった状況でワンチャンスをものにする試合って割と多いので、今回はたまたま僕が点を決めましたけど、勝利を呼び込んでくれたディフェンスの頑張りには感謝したい。今シーズン初めてのボランチでしたけど、個人的には難しいとは感じなかった。チームとしても、押し込まれる場面があっても組織として崩される形はなかったと思う。清水のような技術の高い選手がそろったチームに対しては多少難しい部分もあるのかもしれませんが、自分たちからボールを奪いにいって奪うことがもう少しできればよかったかなとは思う。ただ、奪いに行くということは、前に出ることでスペースができるわけで、そこを狙われたり、斜めのくさびのパスを入れられて危ない場面も作られていた。前に出つつも、穴を突かれないというバランスを次の課題として意識していきたい。今日はボランチだったので、いつもとは見える景色が違うわけで、単純に今比較はできないですけど、セレッソ戦の方が(バランスを保つという意味では)うまくやれてたのかなとは感じている。得点シーンについては、とりあえずシュートで終わろうという意識しかなかったので、何も考えずにゴールに向けて足を振り抜くだけでした。いい感触でシュートが打てる確率は依然と比べて相当少なくなりましたけど、今日のシュートに関していえば、何年か前の感触に近いものはありました。久しぶりに「当たった」という感じです。ゴールの後にゴール裏に行くのは昔から好きなんですけど、西京極ではなかなかそういうチャンスに恵まれていなかったので、「やっと行けたな」という嬉しさはあります。とりあえず、今日の試合のことは今日で終わりです。今日よかったからといって次の試合も勝てるという保証はないし、すぐに切り替えて次の試合に臨みたいです。

下畠 翔吾選手
下畠 翔吾
シュートをたくさん打たれはしたが集中を切らさずに体を張って守備ができた。前節もそうでしたけど、全員で守るという意識をしっかり持ってやれたと思う。チャレンジ&カバーをはっきりさせて、シュンヤくん(菅沼選手)と声を掛け合って結果を出せたことはチームとしても大きい。相手は駆け引きがうまくて前半は結構押し込まれる部分がありましたけど後半には修正して対応できたと思うので、最後に失点してしまったことが本当に悔やまれる。次の課題としてしっかりと修正していきたい。昇格のライバル候補のチームに勝てたことは自信を持っていいと思うけど、反省することも忘れないようにしたい。チームとしてもう一段も二段も上に行くために必要なことだと思う。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ