ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


公式戦全試合でLIVEテキスト速報!

明治安田生命 J2リーグ 第33節 vs ギラヴァンツ北九州
2016.9.25(日) 17:04 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 試合終了 ギラヴァンツ北九州
京都サンガF.C. 0 0 前半 0 0 ギラヴァンツ北九州
0 後半 0









得点者
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
菅野 孝憲 1 GK スターティング
メンバー
GK 1 阿部 伸行
菅沼 駿哉 2 DF DF 3 星原 健太
染谷 悠太 3 DF DF 6 西嶋 弘之
本多 勇喜 6 DF DF 28 福田 俊介
下畠 翔吾 26 DF DF 19 川島 大地
アンドレイ 8 MF MF 7 風間 宏希
堀米 勇輝 11 MF MF 24 新井 純平
山瀬 功治 14 MF MF 10 小手川 宏基
佐藤 健太郎 22 MF MF 11 井上 翔太
エスクデロ 競飛王 10 FW FW 43 本山 雅志
有田 光希 17 FW FW 25 小松 塁
清水 圭介 21 GK 控え選手 GK 21 鈴木 彩貴
内田 恭兵 24 DF DF 30 福森 健太
吉野 恭平 37 DF DF 41 刀根 亮輔
岩沼 俊介 5 MF MF 17 加藤 弘堅
ダニエル ロビーニョ 9 FW MF 18 内藤 洋平
イ ヨンジェ 16 FW FW 9 原 一樹
キロス 36 FW FW 22 ロドリゴ
OUT IN 交代選手 IN OUT
有田 光希 イ ヨンジェ 67 66 ロドリゴ 本山 雅志
山瀬 功治 キロス 78 74 内藤 洋平 井上 翔太
堀米 勇輝 内田 恭兵 87 78 原 一樹 小松 塁
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカード山瀬 功治[64分]
8 13 21 シュート 4 2 2
4 6 10 CK 1 0 1
3 7 10 直接FK 7 5 2
4 1 5 間接FK 1 0 1
4 1 5 オフサイド 1 0 1
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
6,919人 曇/弱風
26.3℃
57%
全面良芝/乾燥
90分
主審 副審 副審
清水 修平
大西 保
田島 宏則
ハーフタイムコメント
石丸清隆 監督
・前線からの守備を徹底しよう
・カウンターとポゼッションを判断しよう
・あわてずに攻撃しよう
柱谷幸一 監督
・ミドルシュートを狙われている。ボランチがもう少し早く寄せて、打たせないようにしよう
・ねばり強く試合を進めていこう
・1点勝負になる。必ず点を取って勝って帰ろう!
試合終了後コメント
石丸清隆 監督
ホームで無得点で引き分け、非常に申し訳ないと思います。全体を通して少し攻守ともに積極性が欠けていると感じました。特に前半、全体がコンパクトには保てているにもかかわらず、こちらの2トップが相手センターバックに楽にボールを運ばれている時間が続きました。そこはチームとしての約束事としてハーフタイムに改めて伝えました。バランスは多少良くはなっていますが、左側が多少重かった。そして、全体がパスをつなぐ選択だけで相手に脅威を与えられませんでした。危ないところにしっかり侵入して、相手の変化を見ながらやっていくところがうまくいきませんでした。今、点が取れていないだけに、大事に行こうという悪循環が試合を通して出ているように見受けられます。そこはもっと積極的にできるように来週は準備したいと思います。今、チームにとっては必要なのは勝利なので、どういう形でも良いので、しっかり点を取って勝ちたいと思います。ただ、今日は選手たちはよくやってくれたと思います。

Q.今日はアンドレイを前に出したり、堀米選手を左に回したりしましたが、その評価をお願いします。
A.ポジションバランス的には前半少し悪かったと思います。堀米も引いて、アンドレイも引いてしまうことによって右でゲームをつくった時に左に展開しようとしても誰もいないという状況が前半続きました。それによって攻撃が中へ中へと入っていくようになり、相手としては守りやすかったと思います。ハーフタイムにはスタートポジションに基準を設けて伝えました。しかし、相手を動かして危ないスペースに入っていけず、それが今の課題です。ボールは動かせますが突破にはなっていませんでした。

Q.積極性に欠けていた部分というのは?
A.チャンスになりかけている時に終始ボールを回してしまったり、(2トップのプレッシャーがかからないために)簡単に相手センターバックにボールを運ばれてしまうシーンがあったので、後ろがしんどい思いをしたのではないかと思います。そこはもう少しチームとしてやるべきことをしっかりやってもらいたいと思います。

Q.得点に関わる部分で、チャンスの時に中の人数が足りない印象を受けましたが?
A.セル(エスクデロ選手)やアンドレイにはスペースがない中でもスペースを見つけ出してほしいのですが、どうしても見つけられず下に降りてきてしまい、ボールが外に動いてしまうという現象が今、起こっています。その中でもうまくローテーションして、サイドハーフの選手がうまくカットインしてスペースをみつけていくなどの動きを、パターン化するのではなく、相手の動きを見ながらやってほしいと思います。もしセルがそれをできないなら周りの選手が試みるなど、相手に引かれた時にポジションバランスをお互いに意識した上での流動的な動きをチームでみつけていきたいと思います。

Q.選手交代の意図を教えてください
A.有田はケガあがりで100%のコンディションではないにもかかわらず、動きはそんなに悪くなかったので、ある程度引っ張るつもりでいました。ただ、ターゲット選手としてパワーをもって攻める時に中に入っていく作業はしてほしかったので、もう少し相手に脅威を与えるということでヨンジェ(イ ヨンジェ選手)という選択をしたのですが、相手に引かれてしまった中、スペースをみつけられませんでした。その後、だいぶ押し込めるようになってきたので、いつもより少し早いタイミングでキロスを投入しました。ただ、クロスの精度や(キロスによる)ボールの落としどころ、全体的なバランスがチームとして完成度が足りない。キロスにはボールが入るのですが、もう少し精度を高めたり、速いボールを入れるなど、整理しないところがあります。今日の感じでは相手にとってはセカンドアクションをケアすれば良いので、まだ相手にとって脅威にはなりませんでした。最後は3バック気味にして、もっと高い位置からクロスボールを入れるよう伝えましたが、今日は途中から入った内田も低い位置を取ってしまいました。もう少し彼を生かすようチームとしての意思統一を図らないと、入れる意味がなくなってしまいます。今日のことは次につなげていきたいと思います。

Q.ケガからの復帰途中である下畠選手が90分プレーしましたが、評価をお願いします。
A.90分安定してプレーしてくれたと思います。本来はさほど攻撃的な選手ではないのですが、持ち前の走力を生かして後半は高い位置に上がってクロスボールを上げようとするなど、相手が引かざるを得ない状況をつくってくれました。今後クロスボールの質を上げれば相手にとってもっと脅威となると思います。また、当たり前のことではありますが、守備面でも確実に戻ってくれるので、安心して見ることができます。今、右サイドが手薄なので、完全復帰してほしい選手のひとりです。

Q.このところ先制される展開が多いですが、今日、ゼロで抑えた守備陣の評価は?
A.前半、2トップが相手センターバックにはがされることが何回もあったので、チームでやろうとしているディフェンスについては評価しにくいところがあります。チームとしてやろうとしていることはできませんでしたが、ディフェンスラインの人間に限って言えばゼロで抑えたことは評価できるかもしれません。ただ、チームとしてはやるべきことを前半からやっていれば、もっと押し込める状況をつくれたと思うので、もっと徹底して取り組んでいかなければいけないと思います。
柱谷幸一 監督
まずはじめにアウェイの京都まで来ていただいたサポーターの皆さんに感謝します。ゲームの方は勝点3を取れるチャンスがあっただけに、残念な結果に終わってしまいました。ただ、相手をゼロに抑えるゲームは最近ほとんどなかったので、最後相手のパワープレーに対してみんながしっかり身体を張って、はね返して、セカンドボールを拾って攻撃につなげて、最後まであきらめずに勝点3を取りに行ったことは評価したいと思っています。またすぐゲームが来るので、残り9試合になりますが、目の前の一試合一試合をしっかり戦いながら結果を残していきたいです。

エスクデロ 競飛王選手
エスクデロ 競飛王
ピンチになる場面もあったけれど、いい攻撃の形が作れた中で勝てなかったことがものすごく残念です。今日の試合は自分のミスにがっかりしている。こんなことでは…と思うことがたくさんありました。チームとしては後ろがしっかり守ってくれて、気迫のある守備をしてくれた。みんな死ぬほど走ってくれたし、その中で結果を出せなかった悔しさ、決められる(チャンスがあった)のに決められなかったことにがっかりしています。自分がこういうレベルだということを認識して、もっともっと努力していかないといけないと思います。

山瀬 功治選手
山瀬 功治
決めるチャンスがあった中で決め切れなかった。シュート数や内容を振り返っても、そういう試合だったと思います。守備陣はすごく集中して守ってくれていたので申し訳ない。守備はここ何試合かバランスが悪かったというか、相手への対応に終始していた感があった。それに比べたら今日はこちらから仕掛けられたところもありました。ただ、もっとやれることはある。(攻撃について)相手にあれだけ引いてブロックを作られたら(崩すのは)簡単じゃない。そこをどうするのか。相手が待ち構えているところを一生懸命走ったり、ラストパスをもらおうとしても難しい。一発で狙うというよりは、人とボールの動かし方ですよね。とくにボールの動かし方で相手に的をしぼらせない、相手のバランスを崩させられたら隙が生まれてくる。そうなった時に仕掛けのスピードアップができれば違うのかなと思います。

有田 光希選手
有田 光希
スペースはなかったけれど、セル君(エスクデロ競飛王)が引いたときなどは相手が食いつくことが多かった。相手がパスコースを消しにきたところで、駿哉君(菅沼)からの縦パスが入る場面もあった。ああいうパスは攻撃のスイッチの一つになるし、それを練習から出せれば、試合でも全員の距離が近くなって攻撃の厚みが出ると思います。縦のつながりはできてきているし、チームとして狙いを共有できたシーンもあった。あとは精度をこだわっていきたい。(なかなか相手の守備を崩せなかったが)自分のシュートシーンを振り返っても、ドリブルで持ち込んだ場面しかなかった。カウンターやサイドへ持っていったとき、早めにアーリークロスを入れられたら、中では1対1の状況もあった。そこでクロスを上げなくて攻撃が遅くなって、結局、相手が戻ってくるということがけっこうあった。もっとゴール前で呼び込めればボールを引き出せたと思うので、自分の動きをはっきり伝わるようにしたいです。

佐藤 健太郎選手
佐藤 健太郎
ある程度のところまではボールを運べたし、アタッキングエリアでの精度やコンビネーションもあと一歩のところまではいけていたと思います。ただ、ゆっくりボールを運ぶことはできたけれど、時間をかければ相手も戻れる。その使い分けはもう少しできたのかなと感じています。相手も降格したくないし、しっかりと守備を固めてきた。どこかで思い切ってチャレンジしていい。今日も思い切ってやっているとは思うけど、ひっかかる場面が多かったです。(今後へ向けて)ネガティブに捕らえても仕方ない。前節からの修正点だった守備は選手間で話をして、ある程度はやれました。この1試合、ここ数試合で結果が出なかったから全てが終わるわけじゃない。残り試合へ向けて継続して、チームとしての完成度を高められるかが大事になってくると思います。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ