ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


Jリーグ ディビジョン2 第34節 vs 横浜FC
2014.9.28(日) 18:04 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 試合終了 横浜FC
京都サンガF.C. 2 1 前半 1 1 横浜FC
1 後半 0









大黒 将志[45+1分]
駒井 善成[53分]
得点者 [23分]松下 年宏
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
オ スンフン 21 GK スターティング
メンバー
GK 18 南 雄太
石櫃 洋祐 30 DF DF 2 野上 結貴
酒井 隆介 2 DF DF 36 松下 裕樹
バヤリッツァ 20 DF DF 4 ドウグラス
福村 貴幸 16 DF DF 27 中島 崇典
田森 大己 19 MF MF 8 佐藤 謙介
工藤 浩平 10 MF MF 10 寺田 紳一
中山 博貴 15 MF MF 14 小池 純輝
田中 英雄 38 MF MF 24 松下 年宏
駒井 善成 7 MF FW 19 小野瀬 康介
大黒 将志 31 FW FW 39 パク ソンホ
山田 元気 33 GK 控え選手 GK 1 渋谷 飛翔
比嘉 祐介 3 DF DF 3 フェリペ
内野 貴志 4 DF DF 32 永田 拓也
高橋 祐治 24 DF MF 13 野崎 陽介
石田 雅俊 18 MF MF 30 渡辺 匠
伊藤 優汰 25 MF FW 9 黒津 勝
田村 亮介 23 FW FW 11 三浦 知良
OUT IN 交代選手 IN OUT
田中 英雄 高橋 祐治 84 56 黒津 勝 小野瀬 康介
82 野崎 陽介 中島 崇典
88 永田 拓也 佐藤 謙介
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカード工藤 浩平[50分]
イエローカード工藤 浩平[78分]
イエローカードバヤリッツァ[90+3分]
レッドカード工藤 浩平[78分]
3 5 8 シュート 6 3 3 [90+3分]寺田 紳一イエローカード
4 3 7 CK 3 2 1
14 直接FK 16
4 間接FK 4
2 2 4 オフサイド 4 1 3
0 PK 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
8,533人 晴/中風
22.6℃
57%
全面良芝/乾燥
90分
主審 副審 副審
井上 知大
馬場 規
清水 崇之
ハーフタイムコメント
川勝 良一監督
・両ワイドでしっかりボールを拾っていくこと。

・サイドをもっと有効に使っていくこと。

・後半、風向きを意識してプレーするように!
山口 素弘監督
・相手のロングボールをしっかり拾うこと。

・DFラインを下げない。

・最後は自分達次第だぞ!
試合終了後コメント
川勝 良一 監督
前節の西京極では躍動感や攻守のスピード感を取り戻すことができていたので、まずはそれを維持することと、うちの左サイドが分析されたら相当ケアされるということで、前半の途中から右サイドにもう少しボールを流すように話をして、石櫃が一番いい時間帯に、いいボールを入れてくれて、大黒の決定力で追いつけたのが大きかったと思います。

後半もいい形をいくつか作って、一番点を取らせたい一人の駒井が、あそこで悩まず振り切ったのが大きかったですし、相手も研究してきて、今までとは違うやり方で躍動感を出してきてタフなゲームになりました。退場者が出た時間からは4−4−1でやることを徹底しましたが、最後の危ないところでオーちゃん(オスンフン選手)がよく防いでくれました。全員がよく走り切ったし、攻撃でも駒井や大黒が最後まで突破することができていました。トレーニングの成果をゲームで出しつくすというのを選手たちはよく実践してくれたと思います。次のアウェイ(10/4vs.栃木)でも続けていきたいです。

Q、後半、特に勝ち越してからよく耐えきったが、工藤選手が退場してからの戦い方の評価は?また、リーグデビューした高橋選手の評価も合わせてお願いします。
京都の場合、徹底しているようで、攻撃に出ようということも同時にあるので、そこをいかに抑えるかが問題でした。3点目を取ればゲームを決めることができるが、これまで引き分けを多く作ってしまったということもある。難しい時間帯に高橋を入れて、石櫃を一個前に上げ、前半に失点するクセは今日も出たが、逆転する力はある。これまで2-1で追いつかれた試合もあったし、これからも全体に統一感を出して徹底することを1人欠けなくてもしっかり作っていきたい。高橋は緊張する性格でもないし、よくやってくれたと思います。ただ、ファールスローだけはあとで・・・(笑)。

Q、ほかに迷ったカードはありますか?
全員信頼はしていますが、迷ったのは、タフな時間帯に投入するとなると、単純に走るというのを実践できる人がいない。山瀬、三平、ドウグラスは状況をわかってプレーできるが、若い選手も多いのでそこができない。全部を理解してできる人がいれば、もう少し交代を早くできたと思います。ただ、中は落ち着いていました。田森や中山もしっかり出ないようにして、カウンターは大黒と駒井だけというところは、スムーズにやってくれました。本当は3枚目もきりたかったけど、それすら難しかった。ケガ人が多い中で、1人欠けた状況で逃げ切った経験は、次の11対11でも、リードした直後の進め方に生かしていきたいと思います。
山口 素弘監督
勝点3を取れなかったので非常に悔しい敗戦であることは間違いない。ゲームも非常にいい入り方をして、前半はよかった。先制点も取れましたし、前半終了間際のちょっとしたところ、2点目もそうですが、何もないところから相手に点を与えてしまっているようでは、なかなか勝点3は取れないと思います。そこをしっかりと修正して次のゲームに備えたいなと思います。

Q、松下選手の配置についての狙いを教えてください。
多少狙いもありますが、ケガ人もいますので、いる選手の力をどうやって引き出そうかというところでした。松下裕は、その前も後ろはやっていたので、正直いえば今のところ右SBをできる選手がいない。小池も前節やりましたが、パワーのある選手なので前でひとつ使いたかった。野上は去年も右サイドをやっていたのでやらせました。相手も1人退場したので、後ろは2バックくらいでいいなと。最初に野崎を入れたのは、ひとついい仕掛けと質の高いクロスを入れてくれた永田とふたりで左サイドを崩していきたいという狙いがありました。

Q、後半はなかなか効果的なボールが供給されなかったと思いますが?
そうでもない。前半は京都がロングボールをどんどん入れてきた。拾えるか拾われるかのせめぎ合いだったと思います。

大黒 将志選手
大黒 将志
今日はみんなで前半から相手より走ろうと話していましたし、先に1回のチャンスで失点しましたが、誰も下を向かず、いい時間帯に点が取れました。(ゴールシーンは)ニアに来たら思いっきり突っ込もうと思っていましたし、いいボールがきました。後半はヨシアキ(駒井選手)が素晴らしいシュートを決めてくれました。他にもチャンスがあったし、そこで僕らが決めていれば2点差をつけることができて、より安定して勝つことができていたと思います。このまま点を取り続けてチームの勝利に貢献したいですし、カズさん(横浜FC/三浦知良選手)にもシュートを褒められて、選手冥利に尽きます。

駒井 善成選手
駒井 善成
(ゴールシーンは)失敗していたらなぜパスしなかったと言われていたと思いますけど、結果オーライ、よかったです。そのあたりは使い分けをしっかりしながら、これからも狙っていきたいです。前半から積極的に仕掛けて、後半は相手も疲れていましたし、走り合いの勝負なら負けへんという自信があったので狙っていました。数的不利になりましたけど、みんながカバーし合いながら最後まで守り切れたと思います。これを続けていかないと先はないと思っているので、これからもしっかりやっていきます。

オ スンフン選手
オ スンフン
1人少なくても守り切れる自信があったし、勝てると信じて一生懸命やりました。相手に大きい選手がいた中で、守備陣がクロスに対してもしっかりと守ってくれたのが大きかった。(最後にシュートを防いだシーンは)見えなかったけど、コースはあそこしか空いていなかったし、手に当たってよかったです。フィールドの選手も体を張って守ってくれていたので、今日は負ける気がしなかったです。チームとして9連勝するというプランがあるので、今日の勝利は勝点27のうちの3だと思っています。

福村 貴幸選手
福村 貴幸
西京極のサポーターの前で勝点3が取れてよかったです。10人になって、気持ちが折れたほうが負けると思って、そこで折れないで最後まで戦うことができたと思います。本当はもう1点ほしかったけど、10人でやるのはすごく苦しかった。いつもなら、あの時間帯に追いつかれてドローという展開になっていたかもしれませんけど、そのあたりは成長できているんじゃないかと思います。何より見に来てくれたサポーターの皆さんに喜んで帰ってもらえたのが一番よかったです。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ