ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


オフィシャル携帯サイトでは公式戦全試合(リーグ戦・天皇杯)にてLIVEテキスト速報を実施!
サンプルはこちら>>>

Jリーグ ディビジョン2 第37節 vs 松本山雅FC
2014.10.19(日) 13:04 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 試合終了 松本山雅FC
京都サンガF.C. 0 0 前半 0 0 松本山雅FC
0 後半 0









得点者
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
杉本 大地 29 GK スターティング
メンバー
GK 21 村山 智彦
石櫃 洋祐 30 DF DF 3 田中 隼磨
バヤリッツァ 20 DF DF 2 大久保 裕樹
酒井 隆介 2 DF DF 4 飯田 真輝
福村 貴幸 16 DF DF 13 犬飼 智也
駒井 善成 7 MF MF 6 岩沼 俊介
田森 大己 19 MF MF 15 岩間 雄大
山瀬 功治 14 MF MF 8 岩上 祐三
工藤 浩平 10 MF MF 11 喜山 康平
三平 和司 9 MF FW 10 船山 貴之
大黒 将志 31 FW FW 20 山本 大貴
山田 元気 33 GK 控え選手 GK 25 白井 裕人
高橋 祐治 24 DF DF 16 鐡戸 裕史
横谷 繁 8 MF DF 23 多々良 敦斗
石田 雅俊 18 MF MF 17 ユン ソンヨル
磐瀬 剛 22 MF MF 27 飯尾 竜太朗
田中 英雄 38 MF MF 34 椎名 伸志
ドウグラス 11 FW FW 41 柳下 大樹
OUT IN 交代選手 IN OUT
三平 和司 ドウグラス 63 83 柳下 大樹 山本 大貴
山瀬 功治 磐瀬 剛 83 90+3 鐡戸 裕史 船山 貴之
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
5 6 11 シュート 4 3 1 [22分]岩間 雄大イエローカード
1 1 2 CK 5 2 3
14 直接FK 13
7 間接FK 0
5 1 6 オフサイド 0 0 0
0 PK 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
9,804人 晴/中風
28.3℃
31%
全面良芝/乾燥
90分
主審 副審 副審
野田 祐樹
竹田 明弘
小椋 剛
ハーフタイムコメント
川勝 良一 監督
・セットプレーではマークのズレに注意すること。

・不用意なファウルをしないように。

・最後まで足を止めないこと。
反町 康治 監督
・一瞬のスキが勝負をわける。そういうゲームだ。

・我々の持ち味を発揮できれば必ず勝利できる。
試合終了後コメント
川勝 良一 監督
先週は消極的でしたが、今日は攻撃的に中盤でもボールをよく拾ってくれて、京都のゲームだったと思います。ただ、1点が遠かった。選手はよく走ったし、つなぎに関してもここ2試合続いていた急ぎ過ぎの部分をうまく抑えてくれていました。勝利することができず、サポーターには申し訳ない気持ちしかない。ただ、まだ可能性を残しているので、今日以上にファイトして、いい準備をして次につないでいきたい。

Q、駒井選手のボランチでの評価は?
セカンドボールを拾えないと苦しいが、そこをよく拾ってくれました。相手も徐々にリズムを作れなくなりましたし、うち(京都)にとって好材料になる要因を作ってくれました。もっと攻撃参加にいける能力もあるが、広範囲にカバーしていい仕事をしてくれたので、勝たせてあげたかった。動けるのは一番大きいし、とったボールを失わないことをしっかりとやってくれました。あとは、2シャドーに別の選手が深く飛び出したり、えぐるシーンまで絡むことが課題だと思います。

Q、後半に入るときの指示は?
攻めるときに右に偏ることが多くなり、その先で失うこともある。三平も無理してスタメンに入ってもらったけど、一つ下がったりして、次に出ていくタイミングが少し遅くて、躍動感を出せなかった。相手からすれば、下がらず攻撃につなげられるというところで、ハーフタイムで2回目の動き出しの指示をしました。

Q、中盤でボールを拾って、そこからの崩しのアイデアを課題にあげていたが、その部分の評価は?
崩しのところで、相手は中盤が追いつかないくらいバテていたのもあるし、大黒に合わすのも大事だけど、余裕を持って別の選手も見れればというシーンが何度かあった。そこが、京都の課題。みんなが大黒に合わせたくなるところで他にずらす、もしくは別のチャンスを作れそうな選手を使えないというところがありました。ただ、選手はよく戦ってくれたと思います。

Q、守備の評価は?
(松本は)単調に蹴ってくるが、セットプレーではリーグで一番凝ったことをやってくる相手。その対応や長いボールに対してCBが相手のトップに張り付いて、頭を超してもGK杉本を助けるポジションをとっていましたし、空中戦でも負けないようなプレーを何回も出してくれました。失点のないここ2試合で、逆に点を取れないという、そこのタフさやきつい対応のあとの余裕のある攻めは、スピードも含めて、点につながる動きを残り5試合でもっと増やしていきたい。

Q、川勝監督の初采配がホームでの磐田戦でしたが、次はアウェイでの磐田戦ということで、この期間に成長した点は?
パスに対しての意識が少しずつ変わってきていると思います。縦に入れるボールやスペースに入れるボール、スピードアップする必要性みたいな部分。それをコンスタントにやれないところにまだ壁はありますが、簡単に失点しなくなりました。特にここ2試合はもう後がないという状況で、1対1の勝負でどれだけ相手と競れるかとか、強く相手に対応できるかといった部分が少しづつ変わってきたんじゃないかと感じています。
反町 康治 監督
思ったよりも日差しが強く消耗戦でした。最後の笛が吹かれたときに倒れ込んでいる選手の姿をみてもわかる。そういう中でのゲームは、我々にとって難しいゲームでした。ハーフタイムに言ったが、(京都は)中盤でボールを動かす力があるから、喜山と岩間のところはアップアップだったと思います。途中で代えようかとも思いましたが、代えるには難しい0−0という状況でした。勝点1というのは我々にとってはそんなに悪くない。次にホームで勝点3をとれるようにしていければと思っています。この勝点1によって、プレーオフ圏内の6位以内は確定しました。これからはもう一つ先の目標に向かって、残り5試合やっていきたいと思います。

駒井 善成選手
駒井 善成
チャンスは作れていたし、あとは決めきること。それができていれば勝てたゲームだったと思います。守備で危ないシーンもありましたけど、バキや酒井くんを中心にしっかり守ってくれていました。(ボランチ起用について)少し迷惑をかけたシーンもありましたけど、栃木戦ではあまりつなぐことができていなかったので、DFラインから受けて攻撃のスタートとなること、そしてチャンスがあれば飛び出していくことを意識していました。でももっと精度をあげていかないといけない。(田森選手とは)2人で全体のバランスを見ながらやれていましたし、タモさん(田森選手)がうまく助けてくれて、いい感じでやれていたと思います。(次節磐田戦へ向けて)昇格を狙うためには勝点3をとらないといけないし、しっかりといい準備をして臨みたいと思います。

大黒 将志選手
大黒 将志
悪いわけじゃないが、なかなか点が入らない。微妙に合っていないところもあるが、そのうち入ると思うし、最後まで諦めずにやり続けていくことが大事だと思います。マークは厳しいですが、チャンスはあるし、それをしっかりと決めて、チームに貢献したいです。バーに当たったシュートも簡単なシュートじゃなかったけど、ああいうところでしっかりと枠に収められるように続けていきたいと思います。

山瀬 功治選手
山瀬 功治
ここ何試合か外から試合を見ていて、ポジションにとらわれ過ぎている感じがしていました。そんな中で、今日は自分が中に入っていくとか、流動的に動いていくことを意識していました。押し込めればよかったのですが、それができなかった。間延びしていったりきたりの展開の中で、どこかでペースを変化させることができれば、もっとチャンスが作れたと思います。そこは課題になってくると思います。

工藤 浩平選手
工藤 浩平
引き分けではきついと思っていましたし、勝点3が欲しかったですね。残念です・・・。合えば一点というシーンもありましたが、フィニッシュやラストパスの精度を上げていくしかない。オグリさん(大黒選手)が警戒されていたので、違うところに顔を出してもっと自分も絡んでいければという思いもありました。そうすることでオグリさんも空いてくる。ただ、まだ終わっていないので、次の試合へ切り替えて、いいところはもっとよくなるようにしていきたい。

杉本 大地選手
杉本 大地
ゼロで抑えることができたことはよかったですが、勝たないといけない。(好セーブのシーンについて)シュートストップは僕の持ち味のひとつですし、あれを止めるために毎日練習をしている。自信をもって飛び出すことができました。ゲーム内容はポジティブなものになってきているし、それを結果につなげられるように、残り試合も少ないですが、1試合1試合勝っていくしかない。

バヤリッツァ選手
バヤリッツァ
0-0という結果はディフェンスにとってはゲームをコントロールできていたと思いますけど、勝点3をとることができず、残念です。自分達は今、プレーオフ進出を考えても遅れをとっているし、どんな試合でも勝つことが一番重要です。今年は特にホームゲームで多くの勝点を失っているし、そこはやはり改善していかないといけない。とにかく次の試合は勝たなくてはいけない。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ