ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


オフィシャル携帯サイトでは公式戦全試合(リーグ戦・天皇杯)にてLIVEテキスト速報を実施!
サンプルはこちら>>>

明治安田生命 J2リーグ 第4節 vs カマタマーレ讃岐
2015.3.29(日) 14:04 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 試合終了 カマタマーレ讃岐
京都サンガF.C. 1 0 前半 0 1 カマタマーレ讃岐
1 後半 1









大黒 将志[85分]
得点者 [48分]仲間 隼斗
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
杉本 大地 1 GK スターティング
メンバー
GK 1 清水 健太
黄 大城 6 DF DF 22 武田 有祐
山口 智 3 DF DF 25 岡村 和哉
バヤリッツァ 20 DF DF 3 藤井 航大
石櫃 洋祐 30 DF DF 2 小澤 雄希
駒井 善成 7 MF MF 19 仲間 隼斗
金 南一 5 MF MF 7 永田 亮太
佐々木 勇人 32 MF MF 26 山本 翔平
宮吉 拓実 13 MF MF 6 藤田 浩平
ダニエル ロビーニョ 9 FW FW 11 高橋 泰
大黒 将志 31 FW FW 20 アンドレア
山田 元気 33 GK 控え選手 GK 24 瀬口 拓弥
菅沼 駿哉 2 DF MF 13 堀河 俊大
内田 恭兵 24 DF MF 15 綱田 大志
黄 辰成 8 MF MF 29 森川 裕基
山瀬 功治 14 MF FW 14 アラン
有田 光希 17 MF FW 23 木島 徹也
和田 篤紀 23 MF FW 33 木島 良輔
OUT IN 交代選手 IN OUT
佐々木 勇人 山瀬 功治 46 70 アラン アンドレア
宮吉 拓実 黄 辰成 60
ダニエル ロビーニョ 有田 光希 75
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカード山口 智[90+1分]
5 10 15 シュート 4 1 3 [62分]アンドレアイエローカード
[65分]永田 亮太イエローカード
3 7 10 CK 3 0 3
17 直接FK 8
3 間接FK 2
1 2 3 オフサイド 2 2 0
1 PK 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
4,420人 雨のち曇/無風
14.4℃
83%
全面良芝/水含み
90分
主審 副審 副審
河合 英治
竹田 明弘
勝又 弘樹
ハーフタイムコメント
和田 昌裕 監督
・奪われた時の切り替えを早く。

・球離れをもっと早く、テンポよくボールを動かしていこう。

・スリッピーなピッチ状態を頭に入れておくこと。
北野 誠 監督
・ポジションを早くとる。

・自分たちのやる事をやりきる。

・切り替えを早くする。
試合終了後コメント
和田 昌裕 監督
2連敗している状況で、今日はなんとか勝点3を取りたかったが、前半は思った以上に相手が引いてきた。その中でスペースを見つけるのが非常に難しかった。カウンターには気を付けようと話していましたが、相手は5バックにして引いてきて、こういう試合ではセットプレーが勝敗を分けると思っていましたので、(セットプレーは)集中してやろうと話していました。

(後半に関して)ボールを奪われたあとに奪い返すところの切り替えの部分は、前半に比べてよかったと思います。同点に追いついて、その後もセットプレーからチャンスがありながら、決めきれなかった。本当にサポーターやスポンサーの皆さんに申し訳ないと思っています。ただ、引き分けてなんとか勝点1を積み上げることができたので、次は中2日(4/1vs.札幌)ですが、しっかりと切り替えて、コンディションのいい選手を使っていこうと思っています。

Q、開幕から無失点試合がないことに関しては?
失点をしている以上は、トレーニングで修正していくこと。そして強くしていくこと。その繰り返しだと思っています。

Q、交代の意図は?
右は宮吉が何回か間でボールを受けれていたが、左は受けれなかった。山瀬は経験があってポジション取りもうまいので、テソンから中にクロスではなくて、山瀬へ入れる。右はクロスもありだが、宮吉に入れるという攻撃の形がもう少しほしかった。佐々木を代えたが、駒井の縦へのドリブルも効果を発揮すると思い、駒井を残し、後半は攻撃的な姿勢が出てよかったと思います。

Q、守備面で、先制シーンや裏を抜かれたシーンなど、マークの付き方の粘りについては?
相手の7番の選手が2列目から入ってきていたのを付ききれなかった。そこは映像を見てしっかりと反省するしかないと思っています。もう一本裏に出てやられたシーンも、みんながボールに目がいっていた。この2つのシーンだけを見ても課題がハッキリしていると思います。
北野 誠 監督
勝点3のところを勝点1しかとれず、残念な試合になりました。特に前半はあまりにも京都さんを恐れてか、立ち位置が遅くなっていたので(前半は)いいところはなく、後半自分たちのサッカーを取り戻そうということで、カウンターも狙えるようになってきました。そこで点を取れて、あとは事故がなければゼロでおさえられるというところでしたが、大きい事故をしてしまったというのが正直なところです。ただ、やっていることは、全員が同じ意識の下でやれているので、また続けてやっていきたい。

Q、これまでの勝ち試合では、1-0のリードしている状態でゼロに抑えることができていたが、今日は追加点のチャンスを活かせなかったのは?
今日で4試合目ですが、前の3試合を含めて、追加点のチャンスがあったが外していた。今日もビックチャンスがあった中で決めきれなかったので、最後には追いつかれてしまった。そこを決めきらないとなかなか勝点3はとれない。また明日からトレーニングしていきたい。

Q、1点目のシーンは目指している形のカウンターからとれましたが。
今日は特に後半はしっかりとボールを回そうと言っていました。うちのボールポゼッションで、最後の4分の1まで入りこめたし、カウンターだけではなくて、しっかりとビルドアップできるということを見せられたと思います。

Q、京都に縁のある選手たちの評価は?
山本がテンパってしまい、前半はよくなかった。ただ、後半はしっかりやってくれましたし、京都のアカデミーで育った選手たちがしっかりとやってくれて、彼らに恥をかかせずに済んだと思います。

Q、ゲーム全体としてはコントロールできていたと思いますが。
京都さんの(試合への)入り方、(ボールの)動かし方はシュミレーションしてきたので、慌てることなく対処できました。まだ4試合目ですし、残り試合はまだまだたくさんあるので、これからもうちらしいサッカーを全員でやっていきたい。

Q、先制点のシーンはやろうとしている浸透性が見られ、トライできていたと思いますが。
カウンターの部分はずっとやってきたことです。エリア付近では、とりにいけと言っています。この間の日本代表(チュニジア代表戦)の岡崎選手がとったように、誰かが走らないとスペースはあかない。

Q、後半途中から自陣で守っていたが、どういう戦い方で行こうと思っていましたか?
これからも試合は続くので、京都さんの戦術に関しては言いたくないです。ただ、事故は起こるものですし、クロスのところも、うちのサイドバックのローテーションに関してもトレーニング通りできていると思います。

Q、監督自身も京都に縁がありますが、指揮をとった感想は?
指導者をやり始めてちょうど20年になります。私自身、サンガさんに育てていただいたし、今もよくしていただいている。今日、下手くそなサッカーですが、サンガさんと引き分けたのは僕の中ではすごく嬉しかった。去年はいっぱいいっぱいでしたが、今年は、Jリーグの監督をやって3年目で、去年よりは落ち着いて準備ができたと思います。

駒井 善成選手
駒井 善成
相手は堅かったですが、あそこを崩していかないといけない。前で持たせてくれるチームでしたけど、そこで相手のペースにはまってしまった。もっとテンポよくボールを回して、相手を揺さぶりたかった。大宮戦では自分の持ち味を出せず、今日はまず仕掛けること、そしてパスとドリブルの使い分けをしていこうと思っていました。もっとクオリティを上げていかないといけないと感じています。

黄 辰成選手
黄 辰成
相手が引いてきたなかでも、自分たちのリズムを作ろうと思っていましたし、速いパス回しやミドルシュートを意識していました。(ボールを)受けた選手がターンしてすぐにシュートまで持ち込めるパスを意識していましたが、相手も引いていたので難しく、他になかなか攻め手がなかった。個人的にはもっと出場時間を増やしていけるよう、トレーニングからしっかりやっていきたいですし、サポーターの皆さんにもっと勝つ試合を見せてあげたいです。

山瀬 功治選手
山瀬 功治
今日は相手のやり方やペースに付き合ってしまい、難しい試合になってしまいました。もう一つ、二つ先を見越した動きや先のイメージを持った崩しが出てこないと、今のサッカーで崩すのはなかなか難しいと思います。ただ、すぐに試合はやってきますし、全員が課題を共有してやっていくことが必要だと思います。

有田 光希選手
有田 光希
状況的に1点負けていたし、交代出場のチャンスはあるかなと思い、ピッチに入る準備はできていました。あそこまで(相手に)引かれたら、前が動くというより、足元で崩したり、裏に出るとか、うまく(ボールを)引き出せたらと思っていました。ただ、後半の最後の時間帯でも向こうのディフェンスはすごく声が出て、統率されていたので難しい状況でした。ここから連戦ですし、この引き分けを前向きにとらえて次につなげていかないといけないと思いますし、札幌戦へ向けて、しっかりと準備したいと思います。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果

  • 第42節 vs 水戸
  • 第41節 vs 栃木
  • 第40節 vs 愛媛
  • 第39節 vs 北九州
  • 第38節 vs 大宮
  • 第37節 vs 横浜FC
  • 第36節 vs 岐阜
  • 第35節 vs 群馬
  • 第34節 vs 讃岐
  • 第33節 vs 岡山
  • 第32節 vs 熊本
  • 第31節 vs 千葉
  • 第30節 vs 金沢
  • 第29節 vs 大分
  • 第28節 vs 磐田
  • 第27節 vs 札幌
  • 第26節 vs 東京V
  • 第25節 vs 福岡
  • 第24節 vs C大阪
  • 第23節 vs 長崎
  • 第22節 vs 徳島
  • 第21節 vs 岡山
  • 第20節 vs 金沢
  • 第19節 vs 栃木
  • 第18節 vs 横浜FC
  • 第17節 vs 大分
  • 第16節 vs 熊本
  • 第15節 vs 水戸
  • 第14節 vs 愛媛
  • 第13節 vs 東京V
  • 第12節 vs 岐阜
  • 第11節 vs 群馬
  • 第10節 vs C大阪
  • 第9節 vs 北九州
  • 第8節 vs 徳島
  • 第7節 vs 長崎
  • 第6節 vs 千葉
  • 第5節 vs 札幌
  • 第4節 vs 讃岐
  • 第3節 vs 大宮
  • 第2節 vs 磐田
  • 第1節 vs 福岡

ページトップへ