ホーム > 試合・スケジュール > 最新試合情報

最新試合情報


Jリーグ ディビジョン2 第29節 vs ギラヴァンツ北九州
2014.8.31(日) 19:04 @京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガF.C. 試合終了 ギラヴァンツ北九州
京都サンガF.C. 1 0 前半 1 1 ギラヴァンツ北九州
1 後半 0









ドウグラス[63分]
得点者 [38分]原 一樹
選手名 番号 ポジション 番号 選手名
オ スンフン 21 GK スターティング
メンバー
GK 1 大谷 幸輝
石櫃 洋祐 30 DF DF 17 星原 健太
酒井 隆介 2 DF DF 3 渡邉 将基
バヤリッツァ 20 DF DF 5 前田 和哉
駒井 善成 7 DF DF 7 冨士 祐樹
田中 英雄 38 MF MF 8 八角 剛史
中山 博貴 15 MF MF 28 風間 宏希
山瀬 功治 14 MF MF 10 小手川 宏基
横谷 繁 8 MF MF 18 内藤 洋平
ドウグラス 11 MF FW 9 原 一樹
大黒 将志 31 FW FW 11 池元 友樹
杉本 大地 29 GK 控え選手 GK 27 鈴木 彩貴
福村 貴幸 16 DF DF 2 宮本 亨
高橋 祐治 24 DF DF 13 多田 高行
工藤 浩平 10 MF MF 6 下村 東美
石田 雅俊 18 MF MF 29 井上 翔太
田森 大己 19 MF FW 14 渡 大生
田村 亮介 23 FW FW 15 大島 秀夫
OUT IN 交代選手 IN OUT
横谷 繁 工藤 浩平 55 66 井上 翔太 内藤 洋平
山瀬 功治 田村 亮介 87 70 大島 秀夫 池元 友樹
大黒 将志 石田 雅俊 90+1 82 多田 高行 原 一樹
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカード中山 博貴[19分]
7 7 14 シュート 6 4 2 [30分]内藤 洋平イエローカード
[90+3分]前田 和哉イエローカード
3 4 7 CK 1 1 0
9 直接FK 11
2 間接FK 4
2 0 2 オフサイド 4 2 2
0 PK 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
10,737人 晴/弱風
26℃
63%
全面良芝/乾燥
90分
主審 副審 副審
西村 雄一
田中 利幸
和角 敏之
ハーフタイムコメント
川勝 良一 監督
・相手はカウンターのチャンスを狙っている。焦れてはダメだ。

・早い時間帯に1点とれれば、うちのペースに戻せる。
 1回2回うまくいかなくてもやめないこと。続けていこう。

・落ち着いて自分の仕事に集中すること。
柱谷 幸一 監督
・相手の攻撃時は必ずフリーにしないこと。

・落ち着いてゲームを運ぼう。

・勝点3を取って帰ろう。
試合終了後コメント
川勝 良一 監督
8月は負けていないが、引き分けがずっと続いていて、先に失点することが多くなっている。逆に言えば、あと1点とれていればというところで少し足りない。ゲーム全体の内容でいうと、引き分けているゲームは、支配できているが、今日のゲームもファーストシュートで取られてしまい、危ないなというシーンで防ぎきれるようなトレーニングがもうちょっと必要だと感じています。

後半に追いついてからもチャンスがありましたが、単純に外をうまくとれているのにクロスの質が上がらなかった。時間が限られてくると焦りも出てくるが、選手たちは攻守にわたって、90分よく走ってくれました。ただ、誰も引き分け狙いというプレーをしているわけでもないですが、サポーターに8月は1回しか勝ちを見せられなかったところは全員で反省して、失点を先にしないとか、複数点をしっかりとって勝ちきるとか、そこをまた1週間しっかり準備していきたいと思います。

Q、交代の意図は?
前半は横谷がここ2週間ぐらい調子がよくて、トップ下でボールをさばいたり、フィニッシュの演出も出来ていたので入れました。ドウグラスはトップ下のほうがやりやすいと思いますけど、ゲームの流れで左からは崩せていたので、フィニッシャーとして逆サイドにドウグラスが入るのも得点パターンのひとつだと考えました。実際何回かそういう入り方をして惜しいシーンもありました。ただ、点がほしいということで後半5分10分ぐらいを目安に、少し横谷が疲れてボールを触れなくなっていたので、好調だった工藤を入れて、ドウグラスをトップ下に戻しました。よく追いつくゴールを決めてくれたと思います。90分プレーするのは久しぶりなので最後のほうは相当疲れていたと思いますけど、ターゲットとしても使えますし、外は使えていたので、中に対しての入り方や高さという面で後半早めに戻しました。あとの若いふたり(田村、石田)は、相手も足がだいぶ止まっているところで、(山瀬、大黒と)タイプの違う選手を最後に入れて、崩し、突破もしくはフィニッシュにつなげたい意図がありました。
柱谷 幸一 監督
まず多くのサポーターの皆さんに来ていただき、応援していただいて本当に感謝しています。特にナベ(渡邉選手)の後輩たちがサポーターの中に入ってくれて、ホームゲーム以上の声援をしてもらったことは非常にありがたいし、僕も京都出身ですが、そういう人たちに感謝したいなと思います。

ゲームは、90分通してみると、うちのノーマルなゲームがしっかりやれたと思います。いい時間に先に点をとって、できれば2点目を先にとりたかったんですが、それができていれば勝点3にもっと近づけたと思います。ただ、この強い相手にアウェイで勝点1をとったことを前向きにとらえて次のゲームにしっかり向かっていきたいと思っています。

今日は小倉駅でパブリックビューイングをしていただいて、たくさんの方に見ていただいたと思います。こうやって北九州の中でギラヴァンツの認知度が上がって、応援してくれる人が増えるとありがたいなと思います。一つの大きな企業がついているクラブではなく、我々は市民クラブなので、地元の企業の皆さんと地元の人たちに支えられて、皆さんとよりよいクラブに一緒にしていきたいなと思っています。

ドウグラス選手
ドウグラス
右サイドでプレーしましたが、いいフィーリングがありました。自分としてもいいポジションをとれて、サイドで自分の特長を生かしたプレーができたと思います。(ゴールシーンは)ビツ(石櫃選手)のクオリティはよくわかっていますし、練習中からもいいクロスがあがってくる。ビツもしっかりとコミュニケーションをとってくれるし、自分がどういうところにほしいかもわかってくれている。今日はそれが試合の中で出せたと思います。自分たちは次の試合に向けても後半のような試合をするべきですし、まずは先制点をとるということをやらないといけない。

石櫃 洋祐選手
石櫃 洋祐
もっと前半からドウグラスとコンビネーションよくできたと思います。ディフェンスも頑張ってくれていましたけど、あいつは攻撃のときに力を発揮する選手なので、あんまり(ディフェンスに)戻したくなかった。そこからの攻撃になるとどうしてもパワーが薄れてしまうので、もっと(ドウグラスが)プレーしやすいようにさせてあげたい。先に点を取られてしまったが、それまでは全然やられている感じはなかったですし、もっと早い時間帯に点をとって、勢いをもって戦えれば、結果も変わっていたと思います。

バヤリッツァ選手
バヤリッツァ
自分自身も2回くらいチャンスがあったんですが、点を取れなかったのが残念です。ただ、北九州に点をとられたあとも、しっかりとコントロールできていましたし、自分たちが点をとったあとも、いい形で攻めることができていただけに、結果勝てなかったのが残念です。今、チームはホームゲームでなかなか勝てないという問題を抱えていますが、今後に向けてもまずは先制点をとることをしていかないといけない。このゲームはもう終わったので、ジェフ戦で勝てるように、しっかり準備したいと思っています。

中山 博貴選手
中山 博貴
自分たちでうまくコントロールして、ゲームへの入りは悪くなかったと思いますが、そこで相手に決められてしまっているのが今の課題だと思います。先に点をとられるという展開がここ最近は続いていますし、今日もその流れにしてしまった。後半になって追いつきましたが、チャンスはほかにもありましたし、勝てた試合だったと思います。選手交代のあとの攻撃については、チームとして外からという攻撃を意識して、みんながやれていたし、実際チャンスもあったので、それを決めていればという展開だったと思います。そこで勝つか引き分けるかが決まってくるので、練習からどんどん合わせていくことが大事だと思います。

駒井 善成選手
駒井 善成
一発でやられていたので、すごく後味が悪いです。そこで1点をとられてしまうと、ひっくり返すのが難しくなるということを感じました。そこの課題をなくさない限り、上にはいけないと思います。前半に1点、2点とって、ゼロで抑えて折り返すということをやらないと、引き分けが多くなったり、勝ちの確率が下がってしまう。最低限、前半はゼロで抑えるということが勝つためには大事になってくると思います。

ゲームフラッシュ

  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション
  • キャプション

その他の試合結果


ページトップへ