ホーム > クラブ・選手情報 > クラブ概要

クラブ概要


クラブ概要
KYOTO SANGA F.C.

株式会社京都パープルサンガ
(KYOTO PURPLE SANGA CO.,LTD.)

  • 本社:京都府京都市下京区四条通室町東入凾谷鉾町87番地
       ケイアイ興産京都ビル
  • クラブハウス(練習場):京都府城陽市久世上大谷89-1 サンガタウン城陽
  • 設立年月日:1994年1月13日
  • 資本金:36億500万円
  • ホームタウン:京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、京田辺市、木津川市、亀岡市
  • 活動区域:京都府全域

京都サンガF.C.(KYOTO SANGA F.C.)

1993年、一般公募によって名づけられたチーム名「京都パープルサンガ」。これは、前身の京都紫光クラブ時代からのチームカラー『PURPLE(パープル)』に、仲間を意味するサンスクリット語「サンガ」と、山紫水明の京都をイメージさせる「山河」の響きを掛け合わせた『SANGA』を組み合わせたもの。 2007シーズン、更なる進化を求め、京都の仲間『京都サンガ』は、「Football」を通し「Fun」「Family」と共に、「Future」を目指すCLUB(クラブ)へとなる。という思い込め「京都サンガF.C.(KYOTO SANGA F.C.)」へと名称を変更。

理念・活動方針

サッカーを通じ、京都サンガF.C. を取り巻く全ての人々の夢と幸福を実現するとともに、スポーツ文化の創造・振興を通じて、地域、社会の進歩発展に貢献する。

  1. あくなき執念、燃える闘魂をもって、常に勝利を勝ちとる、日本一のプロサッカーチームをめざしていきます。
  2. 「スポーツマンシップ」をモットーに、フェアでエキサイティングな試合を行い、人々に愛され、勇気と感動を与えられるサッカーチームを創造していきます。
  3. 一貫した指導育成システムのもとに、真のプロフェッショナルたる人材の教育と育成につとめていきます。
  4. 選手、指導者をはじめ全クラブ員が、地域の人々と交流を深める機会を求め、真に地域から愛されるチームづくりをめざしていきます。
  5. 豊かな社会の実現に向け、自治体、各種団体、企業等の協力をいただきながら、地域の活性化につとめていきます。
  6. いつでも、どこでも、誰でも、心から楽しめるスポーツ環境の確立をめざし、積極的に活動を進めていきます。
  7. ファンやサポーターとともに歩む姿勢をもって、開かれたクラブ運営を図っていきます。
クラブ設立20周年記念ロゴ
京存共栄 20th Anniversary
2014シーズンスローガン
勝利へ NEVER GIVE UP!
エンブレム
KYOTO SANGA F.C.

鏃(やじり)のような鋭さは、俊敏な攻撃力。盾型のフォルムは、強固な守備力の象徴。 風雲を巻き起こす絶対的な強さを表現、鳳と凰の2羽は向かい合うことで戦う姿勢を表しています。燃えたぎる赤は、情熱的な闘志と絶対に諦めない不死鳥のごとき熱い魂を表現しています。鳳凰が向かうのは天。 翼を大きく広げ最上を目指す。また紫郊(紫光)クラブ以来の伝統と歴史を表わすため、1930年代に使用されたサッカーボールを配しました。

チームマスコット
チームマスコット

エンブレムと同じく、聖人が世に出るときに現れる鳥「鳳凰」と、永遠不滅の象徴である「不死鳥」がモチーフ。燃える情熱とアグレッシブな行動力を示す赤い炎を身にまとった姿は、サポーターと共に一丸となって勝ち進む、チームイメージの象徴となっています。チーム名である「パープルサンガ」の頭文字をとってパーサくん(左)と名つけられました。またお友達のコトノちゃん(右)も一般公募の中から古都京都の地名に似合った名前をつけてもらいました。

役員
名誉会長 稲盛 和夫 (京セラ株式会社 名誉会長)
代表取締役会長 久芳 徹夫 (京セラ株式会社 代表取締役会長)
代表取締役社長 今井 浩志
取締役 西村 尚 (当社総務統括)
取締役 細川 浩三 (当社強化統括)
取締役 中村 邦彦 (当社営業統括)
取締役 塚本 能交 (株式会社ワコールホールディングス 代表取締役社長)
取締役 千  玄室 (大宗匠)
取締役 柏原 康夫 (株式会社京都銀行 代表取締役会長)
取締役 伊藤 雅章 (京セラ株式会社 執行役員 総務統轄本部 副本部長)
取締役 岩田 聡 (任天堂株式会社 取締役社長)
取締役 白石 方一 (株式会社京都新聞ホールディングス 代表取締役社長)
常勤監査役 西枝 攻 (弁護士)
監査役 青木 昭一 (京セラ株式会社 取締役執行役員常務 経理財務 本部長)
監査役 丹羽 宏彰 (京セラ株式会社 経理部長)
顧問 山田 啓二 (京都府知事)
顧問 門川 大作 (京都市長)
決算報告
年度 2013年度 2012年度 2011年度
カテゴリー J2 J2 J2
経営成績 営業収入 1,930 2,039 2,140
(広告料収入) 1,235 1,354 1,395
(入場料収入) 260 250 199
(Jリーグ配分金) 107 89 100
(アカデミー関連収入) 134 129 131
(その他収入) 194 217 315
営業費用 1,681 1,521 1,896
営業利益 249 518 244
経常利益 263 365 254
当期純利益 151 297 253
財務状況 総資産 1,045 1,314 1,159
総負債 572 992 1,134
純資産 473 322 25
(単位:百万円)
ページトップへ