ホーム > クラブ・選手情報 > クラブヒストリー

クラブヒストリー


シーズン 沿革 監督
1922 ・京都師範(現京都教育大学)のOBチームとして、「紫郊クラブ」が発足  
1954 ・「紫光クラブ」に名称を変更。以後、教員が中心となって活動を続ける  
1956 ○第36回天皇杯(決勝大会)出場  
1957 ○第37回天皇杯(決勝大会)出場  
1958 ○第38回天皇杯(決勝大会)出場  
1959 ○第39回天皇杯(決勝大会)出場  
1960 ○第40回天皇杯(決勝大会)出場  
1962 ○第42回天皇杯(決勝大会)出場  
1972 ・日本サッカーリーグ(以下、JSL)2部新設にともない、初年度より参加

○第1回JSL2部 5位(7勝3分8敗)
○日本サッカーリーグ(以下、JSL)2部新設にともない参加
嶋谷征四郎
1973 ○第2回JSL2部 7位(5勝4敗9分)
○第53回天皇杯(決勝大会)出場
嶋谷征四郎
1974 ○第3回JSL2部 3位(9勝4分5敗) 嶋谷征四郎
1975 ○第4回JSL2部 6位(5勝5分8敗) 米沢研二
1976 ○第5回JSL2部 9位(3勝5分10敗)
○第56回天皇杯(決勝大会)出場
米沢研二
1977 ○第6回JSL2部 6位(5勝4PK勝3PK敗6敗) 板谷輝夫
1978 ○第7回JSL2部 10位(1勝1PK勝2PK敗14敗)
○ヤマハ発動機(現ジュビロ磐田)に入替戦で敗れ、関西リーグに降格
嶋谷征四郎
1988 ○全国社会人選手権大会初優勝 木村文治
1989 ・日本サッカーリーグ2部に復帰

○第18回JSL2部 4位(17勝9分4敗)
○第69回天皇杯(決勝大会)出場
木村文治
1990 ○第19回JSL2部 13位(8勝7分15敗) 木村文治
1991 ○第20回JSL2部 14位(5勝7分18敗)
○第71回天皇杯(決勝大会)出場
来栖孝治
1992 ○第1回ジャパンフットボールリーグ(以下、旧JFL)2部 2位(11勝4分3敗)
○第72回天皇杯(決勝大会)出場
来栖孝治
1993 ・チーム名を「教育研究社FC 京都パープルサンガ」に変更
※日本初のプロサッカーリーグ「Jリーグ」が開幕。その影響を受け、京都でも「京都にJリーグを市民の会」が発足し、約25万人の署名を集める

○第2回旧JFL1部 10位(2勝16敗)
高間武
1994 ・京セラ株式会社らを中心とした運営会社「株式会社京セラパープルサンガ」を設立(1月)
・「株式会社京都パープルサンガ」に名称変更(6月)
・Jリーグ準会員に承認される(8月)

○第3回旧JFL 5位(20勝10敗)
○第74回天皇杯(決勝大会)ベスト8

※この年の主な加入選手/野口裕司
嶋谷征四郎

[代行]与那城ジョージ
(ブラジル)
1995 ・ホームスタジアムとなる京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場が改修(3月)

○第4回旧JFL 2位(23勝7敗)→Jリーグ昇格
○第75回天皇杯(決勝大会)出場

※この年の主な加入選手/森下申一、望月聡
オスカー(ブラジル)
1996 ○Jリーグ 16位(8勝22敗)
○第76回天皇杯(決勝大会)ベスト8

※この年の主な加入選手/ラモス瑠偉(ブラジル)、藤吉信次
オスカー(ブラジル)

[代行]与那城ジョージ
(ブラジル)
1997 ・ユースチームから初めて平井直人がトップチームに昇格

○Jリーグ 1stステージ 10位(6勝10敗)/2ndステージ 16位(3勝13敗)
○第77回天皇杯(決勝大会)4回戦敗退

※この年の主な加入選手/武田修宏、松永成立
ペドロ・ローシャ
(ウルグアイ)
1998 ・チーム練習場を滋賀県八日市市から京都府城陽市に移転(1月)

○Jリーグ 1stステージ 15位(6勝11敗)/2ndステージ 11位(9勝8敗)/年間総合 13位
○第78回天皇杯(決勝大会)3回戦敗退

※この年の主な加入選手/森保一、黒崎比差支、大嶽直人、山田隆裕、岩本輝雄、
 シーラス(ブラジル)
ハンス・オフト
(オランダ)

清水秀彦
1999 ○J1 1stステージ 14位(4勝11敗)/2ndステージ 9位(7勝8敗)/年間総合12位
○第79回天皇杯(決勝大会)4回戦敗退

※この年の主な加入選手/三浦文丈、三浦知良、シジクレイ(ブラジル)、手島和希、
 遠藤保仁
清水秀彦

[代行]木村文治

加茂周
2000 ○J1 1stステージ 16位(2勝1分12敗)/2ndステージ 12位(6勝1分8敗)/年間総合15位→J2降格
○ナビスコカップ ベスト4(3位)
○第80回天皇杯(決勝大会) 3回戦(初戦)敗退

※この年の主な加入選手/中村忠、松川友明、黒部光昭、朴智星(韓国)、松井大輔
加茂周

ゲルト・エンゲルス
(ドイツ)
2001 ○J2 優勝(28勝5分11敗)→J1復帰
○第81回天皇杯(決勝大会) 4回戦敗退

※この年の主な加入選手/上野優作、石丸清隆、安孝錬(韓国)
ゲルト・エンゲルス
(ドイツ)
2002 ○J1 1stステージ 6位(9勝1分5敗)/2ndステージ 7位(8勝7敗)/年間総合5位
○第82回天皇杯(決勝大会) 優勝

※この年の主な加入選手/鈴木慎吾、中払大介、角田誠
ゲルト・エンゲルス
(ドイツ)
2003 ○J1 1stステージ 16位(3勝1分11敗)/2ndステージ 14位(3勝4分8敗)/年間総合16位→J2降格
○第83回天皇杯(決勝大会)3回戦(初戦)敗退

※この年の主な加入選手/高宗秀(韓国)、大野敏隆、林裕煥(韓国)
ゲルト・エンゲルス
(ドイツ)

木村文治

ピム・ファーベーク
(オランダ)

木村文治
2004 ○J2 5位(19勝12分13敗)
○第84回天皇杯(決勝大会)4回戦敗退

※この年の主な加入選手/崔龍洙(韓国)、金徒均(韓国)、萩村滋則、原竜太
西村昭宏

柱谷幸一
2005 ○J2 優勝(30勝7分7敗)→J1復帰
○第85回天皇杯(決勝大会)4回戦敗退

※この年の主な加入選手/パウリーニョ(ブラジル)、アレモン(ブラジル)、星大輔、
 加藤大志、石井俊也
柱谷幸一
2006 ○J1 18位(4勝10分20敗)→J2降格
○ナビスコカップ(1勝5敗)→グループリーグ敗退
○第86回天皇杯(決勝大会)4回戦敗退

※この年の主な加入選手/児玉新、アンドレ(ブラジル)、林丈統
柱谷幸一

美濃部直彦
2007 ○J2 3位(24勝14分10敗)→入れ替え戦(対広島)に勝利し、J1復帰
○第87回天皇杯(決勝大会)3回戦敗退

※この年の主な加入選手/秋田豊、チアゴ(ブラジル)、森岡隆三、徳重隆明、倉貫一毅、
 西野泰正、平島崇、角田誠、中谷勇介、安藤淳、隅田航、姜鉉守、三戸雄志
美濃部直彦

加藤久
2008 ○J1 14位(11勝8分15敗)
○第88回天皇杯(決勝大会)4回戦敗退

※この年の主な加入選手/柳沢敦、佐藤勇人、シジクレイ(ブラジル)、増嶋竜也、
 水谷雄一、水本裕貴
加藤久
2009 ○J1 12位(11勝8分15敗)
○第89回天皇杯(決勝大会)3回戦敗退

※この年の主な加入選手/ディエゴ(ブラジル)、李正秀(韓国)、豊田陽平
J1通算350得点メモリアル達成【7月4日 Jリーグ第16節 vs.清水 △3-3 @アウスタ】J1通算100勝メモリアル達成【11月28日 Jリーグ第33節 vs.浦和 ○1-0 @西京極】
加藤久
2010 ○J1 17位(4勝7分23敗)→J2降格
○ナビスコカップ(3勝2分1敗)→グループリーグ敗退
○第90回天皇杯(決勝大会)3回戦敗退

※この年の主な加入選手/郭泰輝(韓国)、鈴木慎吾、ドゥトラ(ブラジル)、
 チエゴ(ブラジル)、片岡洋介
加藤久

秋田豊
2011 ○J2 7位(17勝7分14敗)
○第91回天皇杯(決勝大会)準優勝

※この年の主な加入選手/秋本倫孝、工藤浩平、酒井隆介、内藤洋平、
 チョンウヨン(韓国)、駒井善成、伊藤優汰ほか
大木武
2012 ○J2 3位(23勝5分14敗)
○第92回天皇杯(決勝大会)3回戦敗退

※この年の主な加入選手/バヤリッツァ(セルビア)、黄大城、松尾元太、
 倉貫一毅、サヌ(ブルキナファソ)、原一樹、長沢駿、久保裕也、原川力、三根和起、
 杉本大地、高橋祐治、國領一平
大木武
2013 ○J2 3位(20勝10分12敗)
○第93回天皇杯(決勝大会)3回戦敗退

※この年の主な加入選手/山瀬功治、三平和司、中村祐哉、オスンフン(韓国)、横谷繁、
 姜成浩、田森大己、齊藤隆成、山田元気
大木武
2014 ○J2 9位(14勝18分10敗)
○第94回天皇杯(決勝大会)3回戦敗退

※この年の主な加入選手/比嘉祐介、ジャイロ(ブラジル)、有田光希、石田雅俊、
 磐瀬剛、田村亮介、石櫃洋祐、大黒将志、ドウグラス(ブラジル)、田中英雄
バドゥ(ブラジル)

[代行]森下仁志

川勝良一
2015 ○J2 17位(12勝14分16敗)
○第95回天皇杯(決勝大会)3回戦敗退

※この年の主な加入選手/菅沼駿哉、山口智、金南一(韓国)、黄辰成(韓国)、ダニエルロビーニョ(ブラジル)、清水圭介、和田篤紀、内田恭兵、大西勇輝、奥川雅也、永島悠史、佐々木勇人、フェホ、土井康平
和田昌裕

石丸清隆
2016 ○J2 5位(18勝15分9敗)/J1昇格プレーオフ 準決勝敗退
○第96回天皇杯(決勝大会)2回戦敗退

※この年の主な加入選手/菅野孝憲、染谷悠太、牟田雄祐、岩沼俊介、本多勇喜、アンドレイ(ブラジル)、エスクデロ競飛王、堀米勇輝、イヨンジェ(韓国)、矢島卓郎、佐藤健太郎、沼大希、荻野広大、キロス(ブラジル)、吉野恭平
石丸清隆
ページトップへ