ホーム > クラブ・選手情報 > サンガ日記

サンガ日記


京都サンガF.C.健康アカデミー in 木津川
[2016.5.23]

京都サンガF.C.では、運動を通じて健康であることの楽しさ、素晴らしさを実感するとともに、生涯健康に過ごせる社会づくりを推進するため、2007年度から、主にシニア層の方を対象に、健康体操教室「京都サンガF.C.健康アカデミー」を開催しております。

5月21日(土)、木津川市役所本庁1Fの住民活動スペースで行われた京都サンガF.C.健康アカデミーに、福中コーチが講師として参加しました。
ホームタウンの一つである木津川市では初めての開催となりました。
今回は、社会福祉協議会や地域での仲間づくりを目的とした「ふれあいサロン」の代表者の方などを中心に、14名が参加してくれました。

まず始めに、参加者同士で握手をします。
心の中で思った数字の回数握るというゲームで、お互いの数が合うまで続けます。
お互いの気持ちを合わせることができたでしょうか。


次は手押し相撲で勝負です。
倒れまいと、必死に堪えていますね。


身体全体を使ってじゃんけんをします。
勝った人は全力で喜びを、負けた人は全力で悔しさを表現します。


マーカーで囲いをした中で鬼ごっこをしました。
始めにペアを決めて、その人同士でしか鬼は交代できません。
しかし、他の人に体が触れてしまうと、10秒間止まるというルールがあるため、逃げながら、周りを見ながらと頭を使う鬼ごっこです。


参加者全員で手をつなぎ、握られたら次の人の手を握るという動作を行います。
いかに早く次の人に伝えられるかが求められます。
全部で3回行い、毎回一周する時間が早くなっていきました。


ペアになって、ボールを使った運動を行いました。
同時にボールを蹴ってぶつからないようにパスを出しています。


手をつないで輪になって、ボールを落とさず一周させます。
全員で協力し一丸となって、ボールを回していました。


最後に参加者全員で集合写真を撮りました。


参加された方が、これからも健康で笑顔あふれる毎日を過ごしていかれることを願っております。

京都サンガF.C.では、今後も地域の方々とのつながりを大切にした取組を推進していきます。


一覧へ戻る

バックナンバー


ページトップへ