ホーム > クラブ・選手情報 > サンガ日記

サンガ日記


京都サンガF.C.健康アカデミー in 長岡京きりしま苑
[2015.10.21]
10月17日(土)、長岡京市立地域福祉センターきりしま苑で行われた健康アカデミーに、育成・普及部の加藤コーチ、貝瀬コーチが講師として参加しました。

今回の健康アカデミーでは、きりしま苑に通所されている方を対象に、ボールを使った健康運動を行いました。
参加された方は、下は39歳から、上は何と102歳と幅広い年齢層の方達でした。
中には、サッカーがどんなスポーツかをご存じない方もいらっしゃいました。
冒頭に5分程、お時間をいただき、京都サンガF.C.がプロのサッカークラブである事、長岡京市がホームタウンである事などをご説明させていただきました。

まずは、コーチ2人による、ボールを使ったデモンストレーションを行いました。
参加している方からは、「ボールを蹴っている音が違う」と驚きの声が上がっておりました。


デモンストレーションの後は、健康運動です。
加藤コーチとじゃんけんをし、ボールを使う前の準備運動を行いました。


次にボールを使った運動です。
まずは、ボールを手で持って体を捻る運動を行っています。


続いて、足でボールを扱います。
上手に乗せられている様子を見て、隣の方も思わず拍手をされています。


最後に皆さんで記念撮影を行いました。


ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
今回の健康アカデミーで少しでも、京都サンガF.C.の事を知っていただけたら嬉しいです。
これからも日々健康にお過ごしください。

京都サンガF.C.では、今後もこのような地域密着活動に積極的に参加しますので、ご期待ください。

一覧へ戻る

バックナンバー


ページトップへ